文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉学特別研究2
日本大学ロゴ

社会福祉学特別研究2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 社会福祉学特別研究2
教員名 清水 浩昭
単位数    2 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 論文の読解方法と論文作成の技法を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 論文読解の方法と論文作成の技法を学ぶことを通じて卒業論文の書き方を体得する。
授業の方法 授業は、受講生諸君の卒業論文の経過報告と報告に対する討論および指導を中心にして進める。
履修条件 履修条件なし。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 毎回、「事前・事後学修課題」を提示する。このような方式で「学修の型」を体得させる。
授業計画
1前期のまとめと後期の進め方を説明する
2受講生の卒業論文の構成に関する報告と討論1
3受講生の卒業論文の構成に関する報告と討論2
4受講生の卒業論文の構成に関する報告と討論3
5受講生の卒業論文の構成に関する報告と討論4
6受講生の卒業論文の構成に関する報告と討論5
7概括ー卒業論文の構成に関する要約と課題について討論する
8受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導1
9受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導2
10受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導3
11受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導4
12受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導5
13受講生の卒業論文の中間報告と討論および指導6
14課題学習
15総括討論ー「卒業論論文を書き上げて」について報告と討論を行う
その他
教科書 教科書は、使用しない。
参考書 東郷雄二 『「新版]文科系必修研究生活術』 筑摩書房 2009年 第1版
白井利明・高橋一郎 『よくわかる卒業論文の書き方』 ミネルヴァ書房 2013年 第2版
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 適宜対応する。

このページのトップ