文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > スポーツ運動学特論
日本大学ロゴ

スポーツ運動学特論

このページを印刷する

科目名 スポーツ運動学特論
科目名 スポーツ運動学特論
教員名 青山 清英
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 教育学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 人間学的運動研究を理解する
授業のねらい・到達目標 運動研究の多様性を検討し、そのなかでも人間学的運動研究と実践の関係に注目し実践における人間学的運動研究の意義について理解する。
授業の方法 講義と演習。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学修として次回の授業の資料を配付するので事前に目を通しておくこと。事後学修として当該授業の内容と各自の専門領域の関連性をまとめておくことを求める。
授業計画
1ガイダンス(学習上の注意)
2運動研究の両義性Ⅰ 自然科学的運動研究
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
3運動研究の両義性Ⅱ 人間学的運動研究
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
4学際的運動研究のアポリア
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
5量的運動研究と質的運動研究の関係
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
6人間学的運動研究の系譜
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
7身体性の問題
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
8現象学的身体能力
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
9運動構造の研究
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
10運動発生とは何か
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
11運動学習の構造
[準備」前回提示したキーワードについて確認しておくこと。
12議論Ⅰ 身体能力の両義性
[準備」これまでの学習内容について確認しておくこと。
13議論Ⅱ 自然科学的研究成果の実践への応用
[準備」これまでの学習内容について確認しておくこと。
14要点の整理
[準備」これまでに提示したキーワードについて確認しておくこと。
15講義内容のまとめ
[準備」これまでの学習内容について確認しておくこと。
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(50%)
オフィスアワー 授業終了後。
E-mail:kaoyama@chs.nihon-u.ac.jp

このページのトップ