文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > スポーツ教育学特論2
日本大学ロゴ

スポーツ教育学特論2

このページを印刷する

科目名 スポーツ教育学特論2
科目名 スポーツ教育学特論2
教員名 鈴木 理
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 教育学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ スポーツ実践の意味構造の理解
授業のねらい・到達目標 スポーツ実践においてスポーツの文化的価値は如何に享受されるのかを考察することを通じて,スポーツ教育の目的,内容,方法を展望し,スポーツ教育の主体的実践者として一定の指針を持つこと.
授業の方法 各回の前段は講義形式で進め,ここで提示された論点を基軸に,後半はディスカッション形式で考察を深める.
履修条件 大学卒業程度以上の日本語運用能力を有する者に限る.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業中に適宜指示される資料や文献等を精読して授業に臨むこと.
授業計画
1ガイダンス
2スポーツ現象とスポーツ構造
3スポーツ実践の記号論的理解
4事実(see ~)とメタファー(see as ~)
5ゲーム構造論①:競争目的と競争課題
6ゲーム構造論②:競争課題の解決方法
7ゲーム構造論③:対決情況
8ゲーム構造論④:ゲームの傾向と対策
9ゲーム構造論⑤:プレイヤーの熟達
10課題演習①
11課題演習②
12課題演習③
13課題演習④
14課題演習⑤
15総括
その他
教科書 必要に応じてハンドアウト等を配布する.
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 課題レポート,ディスカッションへの参加状況などを総合的に判断する.(100%)
オフィスアワー 木曜日3限

このページのトップ