文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク演習2
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク演習2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク演習2
教員名 川村 宣輝
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワークにかかる基礎知識および基礎技術を学ぶ
授業のねらい・到達目標 ソーシャルワークの役割とあり方(価値・理念)について理解するとともに、ソーシャルワークにかかる基礎知識および基礎技術を学ぶ。社会福祉専門職として自己理解・自己覚知やコミュニケーションの基本、他者理解の方法について、演習活動を通して体験的に理解を深めることを目標とする。
授業の方法 ソーシャルワーク演習1で学んだ基本的な知識や技術を踏まえ、ロールプレイ、グループワーク、事例研究を中心とした実践的な演習を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ソーシャルワーク演習1での基礎的な学習を元にしての応用的な授業となるため、前期で学んだ内容を復習して本授業に臨むこと。
授業計画
1授業のねらい、進め方等nituite
2ソーシャルワーク実践の展開過程について
3支援のプロセスと方法
4支援目標と計画
5事例検討の目的と方法について
6事例学習①(精神障害者の社会自立支援)
7事例学習②(障害者の就労支援)
8事例学習③(高齢者の支援)
9事例学習④ (児童への支援)
10事例学習⑤(虐待の支援)
11事例学習⑥(地域における支援)
12事例学習⑦(家族支援)
13ゲストスピーカーからの事例提供
14事例学習のまとめ
15全体のまとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(50%)、授業参画度(20%)
オフィスアワー 月曜、水曜、木曜日の昼休み

このページのトップ