文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク実習
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク実習

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク実習
教員名 上田 美香
単位数    6 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 集中 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワーク実習を効果的に行うための実習前、実習時および実習後の総合的な指導。
授業のねらい・到達目標 ソーシャルワーク実習に必要とされる知識・技術を習得し、効果的な実践を積むための指導を行う。また、実習時における疑問や課題への対応方法について、実習生へのスーパーバイズを行う。
授業の方法 ソーシャルワーク実習指導の授業と連携しながら、ソーシャルワーク実習を効果的に進めていく。
事前レポートに基づき実習前の個別指導、実習期間中の実習施設訪問による指導、実習終了後の総括レポートに基づく振り返り等を通して総合的に授業を行う。
履修条件 井上ソーシャルワーク実習指導を履修する学生のみ選択すること
事前学修・事後学修,授業計画コメント ソーシャルワーク実習計画書に基づく事前面接、福祉施設等の実習指導者における実地指導、実習終了後の事後指導および実習報告会の参加等により実施。
授業計画
1ガイダンス
2事前計画 指導
3事前計画 指導
4実習前面接指導
5実習前面接指導
6実習生 事前準備指導
7実習生 事前指導
8施設訪問指導
9施設訪問指導
10帰校日 指導
11実習訪問後面接 指導
12実習総括指導
13実習総括指導
14実習まとめ
15実習まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 事前レポート、総括レポート、実習記録、実習施設の指導員による評価、巡回訪問指導による評価により総合的に行う。(100%)
上記のレポート等が提出されない者については、評価を行わない。
オフィスアワー 別途

このページのトップ