文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク論3
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク論3

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク論3
教員名 金子 絵里乃
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワークの方法について理論的・実践的理解を深める
授業のねらい・到達目標 (1)ソーシャルワークの目的を学ぶ
(2)ソーシャルワーカーの実践を学ぶ
(3)ソーシャルワークの方法を学ぶ
授業の方法 講義、グループディスカッション
事前学修・事後学修,授業計画コメント 講義の進行状況などによりスケジュールを変更することがあります
授業計画
1オリエンテーション
2地域を基盤としたソーシャルワーク(1)
3地域を基盤としたソーシャルワーク(2)
4ソーシャルワークの方法(1)社会資源の活用①
5ソーシャルワークの方法(2)社会資源の活用②
6ソーシャルワークの方法(3)グループを活用した相談援助①
7ソーシャルワークの方法(4)グループを活用した相談援助②
8ソーシャルワークの方法(5)グループを活用した相談援助③
9ソーシャルワークの方法(6)ケアマネジメント①
10ソーシャルワークの方法(7)ケアマネジメント②
11ソーシャルワークの方法(8)ケアマネジメント③
12ソーシャルワークの方法(9)ケースカンファレンス
13ソーシャルワークの方法(10)スーパービジョン
14総括
15試験
その他
教科書 社会福祉士養成講座編集委員会 『新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法Ⅱ 』 中央法規 2015年 第3版
参考書 金子絵里乃・後藤広史 『Next教科書シリーズ『ソーシャルワーク』』 弘文堂 2016年 第1版
社会福祉士養成講座編集委員会 『新・社会福祉士養成講座6 相談援助の基盤と専門職』 中央法規 2015年 第3版
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 金曜日のお昼休み

このページのトップ