文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > ソーシャルワーク論4
日本大学ロゴ

ソーシャルワーク論4

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 ソーシャルワーク論4
教員名 金子 絵里乃
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ ソーシャルワークの価値・実践アプローチを学ぶ
授業のねらい・到達目標 (1)ソーシャルワークの価値・倫理を理解する
(2)ソーシャルワークの実践アプローチの理論と方法を学び、理解を深める
授業の方法 講義、グループディスカッション、事例検討
事前学修・事後学修,授業計画コメント 講義の進行状況などによりスケジュールを変更することがあります
授業計画
1オリエンテーション
2ソーシャルワークの実践アプローチ(1)心理社会的プローチ・機能的アプローチ
3ソーシャルワークの実践アプローチ(2)問題解決アプローチ
4ソーシャルワークの実践アプローチ(3)問題解決アプローチ
5ソーシャルワークの実践アプローチ(4)ライフモデル
6ソーシャルワークの実践アプローチ(5)ライフモデル
7ソーシャルワークの実践アプローチ(6)エンパワメント・アプローチ
8ソーシャルワークの実践アプローチ(7)エンパワメント・アプローチ
9ソーシャルワークの実践アプローチ(8)エンパワメント・アプローチ
10ソーシャルワークの実践アプローチ(9)危機介入アプローチ
11ソーシャルワークの実践アプローチ(10)危機介入アプローチ
12ソーシャルワークの実践アプローチを用いた援助プロセス
13ソーシャルワークの実践アプローチを用いた援助プロセス
14まとめ
15試験
その他
教科書 社会福祉士養成講座編集委員会 『新・社会福祉士養成講座8 相談援助の理論と方法Ⅱ 』 中央法規 2015年 第3版
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 金曜日のお昼休み

このページのトップ