文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > ナノサイエンス特論
日本大学ロゴ

ナノサイエンス特論

このページを印刷する

科目名 ナノサイエンス特論
科目名 ナノサイエンス特論
教員名 川上 隆輝
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 固体物理の特に磁性をテーマに物質の性質を考える
授業のねらい・到達目標 ミクロな世界の物性の考え方を身につける
主に実験を手段として研究をしている学生を対象としているため,複雑な計算は扱わず,ミクロの世界を直感的に考えられるようにする。
授業の方法 板書で行い,理解度を確認するため小テストを行う。
履修条件 量子力学または量子化学的な考え方を身につけていることが,本講義を理解するためには必要。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各々の研究に合わせて講義内容を発展させること。
授業計画
1磁性体の種類
2強磁性体
3磁気モーメント
4電子の軌道
5水素原子
6分子軌道
7水素分子
8交換相互作用
9超交換相互作用
10二重交換相互作用
11磁性のバンド理論
12巨大磁気抵抗効果(GMR)
13トンネル磁気抵抗効果(TMR)
14磁性に関する理解度確認
15磁性に関するまとめ
その他
参考書 太田恵造 『磁気工学の基礎I -磁気の物理-』 共立全書 1973年
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業内テスト(50%)
オフィスアワー 火曜日 13時から15時

このページのトップ