文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > レーザー・電子光学特論
日本大学ロゴ

レーザー・電子光学特論

このページを印刷する

科目名 レーザー・電子光学特論
科目名 レーザー・電子光学特論
教員名 上岡 隼人
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ レーザーの基礎物理の理解とその応用
授業のねらい・到達目標 レーザー光の発振原理と媒質との相互作用について、基礎から応用までを学ぶ。
授業の方法 板書およびプロジェクターを用いた講義と、小テストにより行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 毎回の講義内容を各自復習して講義に出席することが望ましい。
授業計画
1各種レーザーの紹介
[準備]教科書の該当する単元周辺を予習しておくこと。
2光のコヒーレンス
[準備]前回の授業内容と波動現象について予習しておくこと。
3電磁光学1
[準備]前回の授業内容と電磁気学について予習しておくこと。
4電磁光学2
[準備]前回の授業内容について予習しておくこと。
5量子光学1
[準備]前回の授業内容と量子力学について予習しておくこと。
6量子光学2
[準備]前回の授業内容について予習しておくこと。
7演習
[準備]これまでの授業内容について予習しておくこと。
8レーザーの原理1
[準備]量子力学の離散的なエネルギー状態について予習しておくこと。
9レーザーの原理2
[準備]前回の授業内容について予習しておくこと。
10レーザーの出力特性1
[準備]前回までの授業内容について予習しておくこと。
11レーザーの出力特性2
[準備]前回の授業内容について予習しておくこと。
12媒質との相互作用1
[準備]量子力学の波動関数について予習しておくこと。
13媒質との相互作用2
[準備]前回の授業内容について予習しておくこと。
14演習
[準備]これまでの授業内容について予習しておくこと。
15全体のまとめ
その他
教科書 霜田 光一 『レーザー物理入門』 岩波書店 1983年 第1版
参考書 Amnon Yariv, Pochi Yeh (著), 多田 邦雄, 神谷 武志 (翻訳) 『光エレクトロニクス 基礎編』 丸善 2010年 第6版
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業内テスト(30%)
レポート類は全て手書きとする。
オフィスアワー 8号館B棟114号室 上岡研 (水曜2限目)

このページのトップ