文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 火山学2
日本大学ロゴ

火山学2

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 火山学2
教員名 髙橋 正樹
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 火山テクトニクスとマグマ供給システム.
授業のねらい・到達目標 火山テクトニクスとマグマ供給システムの基本的な事柄について理解する.
到達目標
1 火山テクトニクスについての基本的事柄を理解できる.(2-7)
2 マグマ供給システムに関する基本的な事柄を理解できる.(8-14)
・学科プログラムの学習・教育到達目標とのかかわり:「(D)専門技術」に寄与する.
授業の方法 原則としてパワーポイントを用いて行う.パワーポイントの出力プリントを配布する.
また、下記の授業以外に野外実習を行う場合がある。
履修条件 火山学1を履修していることが望ましい.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習・事後学習として授業内に課題を課す.
授業計画
1火山テクトニクスとは(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
2東伊豆単成火山群のマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
3岩脈とはなにか(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
4単成火山と複成火山(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
5火道安定型・火道不安定型複成火山(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
6岩脈と広域応力場(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
7P-type火山とO-type火山(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
8マグマ溜りの検知法と噴火予測の方法(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
9伊豆小笠原火山弧玄武岩質火山のマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
10フィリピン海プレート北端部の火山とマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
11火道安定型安山岩質複成火山のマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
12逆断層卓越域火山のマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
13大規模珪長質カルデラ火山のマグマ供給システム(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
14破局噴火(事前学習・事後学習として授業内に課題を課す).
15まとめと達成度評価
その他
参考書 高橋正樹 『日本の火山図鑑』 誠文堂新光社 2015年 第2版
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業内に課す課題(50%)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(火山・岩石学研究室)にて行う.

このページのトップ