文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 基礎地球科学2
日本大学ロゴ

基礎地球科学2

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 基礎地球科学2
平成27年度以前入学者 基礎地球システム科学2
教員名 中山 裕則・大八木 英夫
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地域と地球規模の自然環境
授業のねらい・到達目標 ・ねらい
「地域スケール」・「グローバルスケール」で,それぞれの規模における自然環
境の現象とその要因について理解する。また,諸現象と人間活動との関係,影響について考える。
・到達目標
(1)日本の気候と水環境の関係について理解する。(1~4)
(2) 日本の水環境とその利用について理解する。(5~8)
(3)地球環境の諸現象とその影響について理解する。(9~12)
(4)地球環境の諸現象と災害について,人間生活との関わりも含めて理解する。(13~15)
・学科プログラムの学習・教育到達目標とのかかわり: 「(G)地球科学の専門技術を修得する」(1-15)に寄与する(平成28年度からの入学者)。
・学科プログラムの学習・教育到達目標「(D)専門技術」(1-15)に寄与する(平成27年度以前の入学者)。
*括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 図表・写真・画像をプリント,パワーポイント等を用いながら,現象や観測結果を具体的に示しながら講義を進める。また,下記の授業以外に野外実習を行う場合がある。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回授業のまとめを事前学習として行い、次回授業時に提出すること。
授業計画
1授業の進め方について (担当:中山・大八木)
2日本の気候(1) 日本の降水量・気温・四季 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
3日本の気候(2) 日本の気象観測網と災害 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
4世界・日本の水圏科学 水循環・水収支 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
5日本の水環境(1) 北海道の湖沼の特徴 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
6日本の水環境(2) 活火山と温泉利用 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
7日本の水環境(3) 東京の地下水汚染問題と地盤沈下 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
8気候と水環境のまとめ (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:大八木)
9地球環境(1) 植生 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
10地球環境(2) 砂漠 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
11地球環境(3) 水文 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
12地球環境(4) 雪氷 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
13広域気象災害 (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
14自然環境変化と人間活動のかかわり (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
15地球環境変化のまとめ (事前学習として、前回に行った内容をまとめる)(担当:中山)
その他
教科書 なし
参考書 授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業内課題(50%)
総合的に判断し60点以上を合格とする。

<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
1 日本の気候と水環境の関係について修得したか。(1-4)
2 日本の水環境とその利用について修得したか。(5-8)
3 地球環境の諸現象とその影響について理解したか。(9-12)
4 グローバルの環境の諸現象と災害について,人間生活との関わりも含めて理解したか。(13-15)
※1~4は到達目標の番号
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-311、A-310室)にて対応する。

このページのトップ