文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 気圏科学特論I
日本大学ロゴ

気圏科学特論I

このページを印刷する

科目名 気圏科学特論I
科目名 気圏科学特論I
教員名 山川 修治
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ グローバル・総観気候システム科学
授業のねらい・到達目標 気候システム,高・低気圧・前線システム,テレコネクションについて,グローバル視野で探究する。
異常気象や天候異変をもたらすブロッキングパターンのメカニズムについては主眼を置く。
ローカルな気象気候現象も世界の気候システム変動の中で発現していることを理解する。
授業の方法 各自の卒業論文について報告し、修士論文に向けての方針を検討する。
グローバル・総観気候システム,テレコネクションに関する英語論文・資料を講読する。
関連事項について,最近の状況やインターネット情報を含めて検討・議論する。
各自の修士論文の内容に配慮し、本特論との関連性を検討しつつ理解を深める。
履修条件 特になし。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前に分担して,担当部分を予習し,和訳文をA4判のプリントで用意する。
分担は前回までに決めて,負担の平等化を図る。
授業計画
1本特論の進め方と分担
2卒論紹介(学会等での発表内容を含む)①
3卒論紹介(学会等での発表内容を含む)②
4関連論文の紹介と討論(1巡目)①
5関連論文の紹介と討論(1巡目)②
6関連論文の紹介と討論(1巡目)③
7関連論文の紹介と討論(1巡目)④
8関連論文の紹介と討論(2巡目)①
9関連論文の紹介と討論(2巡目)②
10関連論文の紹介と討論(2巡目)③
11関連論文の紹介と討論(2巡目)④
12修論序盤の中間報告と今後の課題検討①
13修論序盤の中間報告と今後の課題検討②
14修論序盤の中間報告と今後の課題検討③
15修論序盤の中間報告と今後の課題検討④
その他
教科書 初回の授業時に連絡する。
参考書 遠藤邦彦・山川修治・藁谷哲也 編著 『極圏・雪氷圏と地球環境』 二宮書店 2010年
気候影響・利用研究会 編 『エルニーニョ・ラニーニャ現象』 成山堂書店 2010年
Glantz,M.H., Katz,R.W. and Nicholls,N. 『Teleconections Linking Worldwide Climate Anomalies』 Cambridge 1991年 第1版
上記のほか、随時紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レジュメとそれに関する討論(70%)
オフィスアワー 当該授業日の昼休みに研究室(8号館A-312室)にて、または、授業後随時対応する。

このページのトップ