文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 気候気象システム科学
日本大学ロゴ

気候気象システム科学

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 気候気象システム科学
教員名 山川 修治
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 総観気候学
授業のねらい・到達目標 2年次科目「基礎地球システム科学1」で行った「総観気象学」に立脚し,本科目では「総観気候学」を扱う。
大気圏(対流圏・成層圏)の現象を時空間スケールに焦点を当てて比較検討する(1)。
季節内変動,季節変動の総観気候学的な理解を深める(2~7)。
グローバル気候システムを要因重視の総観気候ないし成因論的気候区の観点から改めて捉え直す(8~10)。
時間スケールを徐々に大きくし,年々変動,数年変動,数10年,……,数万年の観点で気候システムを考える(11~13)。
「気象予報士試験」の学科・実技にまたがる項目が含まれる(1~15)。
・「地球システム科学科」プログラムの学習・教育到達目標「(D)専門技術」に寄与する。
授業の方法 プリントの配布,パワーポイントを併用して進める。
また、下記の授業以外に野外実習を行う場合がある。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習のため,前回以降に行った内容のまとめを行う。
授業計画
1気候気象システムの時空間構造
―大小現象の相互関連性―(事前学修を内容に応じて行う)
2総観気候からみた春季(事前学修を内容に応じて行う)
3総観気候からみた梅雨季(事前学修を内容に応じて行う)
4総観気候からみた夏季(事前学修を内容に応じて行う)
5総観気候からみた台風・秋雨季(事前学修を内容に応じて行う)
6総観気候からみた秋季(事前学修を内容に応じて行う)
7総観気候からみた冬季(事前学修を内容に応じて行う)
8グローバル気候システム①
―異常気象と天候異変を探る―(事前学修を内容に応じて行う)
9グローバル気候システム②
―海気相互作用を中心に―(事前学修を内容に応じて行う)
10グローバル気候システム③
―雪氷圏推移を中心に―(事前学修を内容に応じて行う)
11数年~10数年スケールの気候変動
―火山大噴火と成層圏準2年周期振動(QBO)―(事前学修を内容に応じて行う)
12数年~数10年スケールの気候変動
―エルニーニョ現象(ENSO)と太平洋10年規模振動(PDO)-(事前学修を内容に応じて行う)
13数年~数万年スケールの気候変動
―太陽活動とミランコヴィチ周期―(事前学修を内容に応じて行う)
14まとめ(事後学修を履修内容について行う)
15授業内試験(事前学修を履修内容について行う)
その他
参考書 遠藤邦彦・山川修治・藁谷哲也 『極圏・雪氷圏と地球環境』 二宮書店 2010年 第1版
吉野正敏 気候影響・利用研究会 『日本の気候Ⅰ』 二宮書店 2002年 第1版
吉野正敏 気候影響・利用研究会 『日本の気候Ⅱ』 二宮書店 2004年 第1版
気候影響・利用研究会 『エルニーニョ・ラニーニャ現象』 成山堂 2010年
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業内に課す課題(毎回のミニレポート)(30%)
欠席回数に応じて,期末レポートを課す。

<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
①時間スケールごとに,年々変動,数年変動,数10年等の観点で気候システムを考察できたか(1~15)。
②グローバル気候システムを総観気候ないし成因論的気候の観点から捉え直すことができたか(1~15)。
③「気象予報士試験」の学科・実技にまたがる事柄についての理解を深めることができたか(1~15)。
オフィスアワー 当該授業日の昼休みに研究室(8号館A-312室)にて、または、授業後随時対応する。

このページのトップ