文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > 教育社会学研究2
日本大学ロゴ

教育社会学研究2

このページを印刷する

科目名 教育社会学研究2
教員名 広田 照幸
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 教育学専攻
学期 後期 履修区分 選択
授業テーマ 社会学的な教育研究
授業のねらい・到達目標 教育社会学の理論や手法を用いた教育研究の視点の問い直しを行う。最新の研究動向を探りながら、マクロな視点からの教育社会学研究のあり方について考える。
学術文献を講読することにより、さまざまなトピックの最新の研究動向を探るとともに、併せて、研究方法や論文執筆の方法についても理解を深める予定である。どういうトピックに焦点を当てるかは、ガイダンス時に受講者の様子を確認してから確定させる。
授業の方法 文献講読を主とするが、参加者がそれぞれ進める個別課題の報告・検討も行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 学習した内容を使いこなせるようになるためには、文献の講読では十分な予習が、講義では十分な復習が求められる。また、講読の際の報告者やコメンテーター、個別報告の際の報告者は、授業に向けてかなりの準備時間が必要となる。毎回、講読文献の予習に3~4時間を要する。特定の担当者はレジュメの作成やコメントの準備のため、6~8時間を要する。受講者は、さらに授業後に関連文献を読むことが期待される。
授業計画
1ガイダンス――教育社会学研究の視点を再考する―― 授業全体の流れの説明。分担の割当てなどを行う。
2教育社会学研究の最新動向(講義)
3文献講読1
4文献講読2
5文献講読3
6文献講読4
7文献講読5
8文献講読6
9文献講読7
10文献講読8
11文献講読9
12文献講読10
13文献講読11
14文献講読12
15総括討論
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 月曜日12:10~13:00

このページのトップ