文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > 教育内容論研究1
日本大学ロゴ

教育内容論研究1

このページを印刷する

科目名 教育内容論研究1
教員名 渡部 淳
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 教育における「市民像」―教育コミュニケーションと身体性をめぐって
授業のねらい・到達目標 教育における「市民像」について考察する。以下の二つのことを考えている。一つは、対話型民主主義の成立要件、自己―他者の関係性、対話空間における教師の身体性とコミュニケーションのあり方についての理論的考察、もう一つは、学習プロセスの解明、学習スキルと市民的スキルの関係性の解明を目指して、参加・獲得型学習に関わる学びの事例分析を行うことである。
授業の方法 主に講義形式で進める。発表分担を決めて資料に関する報告・ディスカッションを行うが、必要に応じてワークショップ形式を取り入れる。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント テキストを定めて、講読しますので、事前・事後の学習が必須になります。その他、授業の前にプリント資料を配布したり資料を指示したりしますので、事前に準備しておいてください。
授業計画
1授業とワークショップ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
2授業とワークショップ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
3授業とワークショップ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
4授業とワークショップ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
5教育コミュニケーションの態様
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
6教育コミュニケーションの態様
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
7教育コミュニケーションの態様
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
8教育コミュニケーションの態様
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
9教育におけることばとからだ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
10教育におけることばとからだ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
11教育におけることばとからだ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
12教育におけることばとからだ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
13教育におけることばとからだ
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
14自律的市民の資質とは
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
15自律的市民の資質とは
[準備]発表分担者だけでなく、受講者全員がテキストと該当箇所を事前に読んで参加すること
その他
教科書 なし(授業で指示する)。
参考書 佐藤信 『学校という劇場から』 論創社 2011年 第1版
平田オリザ 『わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)』 講談社 2012年 第1版
嶺井明子 『世界のシティズンシップ教育』 東信堂 2007年 第1版
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
平常点、発表、レポートの総合評価
オフィスアワー 水曜3限に、新本館402研究室で相談に応じます。

このページのトップ