文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 健康・スポーツ教育科目 > 健康・スポーツ教育実習(テニス)
日本大学ロゴ

健康・スポーツ教育実習(テニス)

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
健康・スポーツ教育実習(テニス)
科目名
平成27年度以前入学者
健康・スポーツ教育実習(テニス)
教員名 山田 眞幹
単位数    1 学年    1 開講区分 文理学部
科目群 健康・スポーツ教育科目
学期 半期 履修区分 必修
授業テーマ 試合を楽しもう
授業のねらい・到達目標 技術、戦術、ルール、マナーを習得させるとともに、テニスの楽しさや練習方法を理解させ、生涯を通じてテニスに親しめる能力と態度を育て、社会人としてのセンスを磨く。
授業の方法 テニスのマナーを教え、基本的な技術の反復練習から、応用練習、ゲームへと発展させる。ゲームを通じルール、審判法等を身につける。ダブルスのゲームを楽しめるように進める。
履修条件 テニスに相応しい服装とテニスシューズを準備する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント テニスに関係する書籍に目を通しておく。最初に雨の場合百周年アリーナを使い体力チェックの測定を行う。次の雨天時は百周年アリーナ等を使い屋内でのテニスも経験する。場合によっては映像にてテニスに対する理解を深める。
授業計画
1ガイダンス
2ボール遊び、ラケット慣れ
フォアハンドストローク (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)ボール出しによる練習
3フォアハンドストローク (1)フォームチェック (2)ボール出しによる練習 (3)フォアハンドラリー
4バックハンドストローク (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)ボール出しによる練習
フォアハンドストローク (1)復習
5バックハンドストローク (1)フォームチェック (2)ボール出しによる練習 (3)バックハンドラリー
フォアハンドストローク (1)復習
6グランドストローク (1)ラリー (2)ポイントによるラリー
サーブ (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック
7フォアボレー (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)ボール出しによる
サーブ (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)サーブからグランドストローク
8ハックボレー (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)ボール出しによる練習 
サーブ (1)サーブからグランドストローク
9ボレー (1)ボール出しによる練習 (2)ボレー対グランドストローク
サーブ (1)サーブからグランドストローク
10スマッシュ (1)グリップの握り方 (2)フォームチェック (3)ボール出しによる練習
サーブ (1)サーブからグランドストローク
11試合形式 (1)フォーメーションの説明 (2)ストロークからの試合形式
12ゲーム (1)サーブからの試合形式 (2)ゲーム
13同上
14同上
15総合練習まとめ
その他
参考書 授業中に指示する
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、授業参画度(80%)
出席を重視した平常点中心の総合評価
オフィスアワー 水曜日12:30~13:00体育学第6研究室
備考 服装・シューズについてはガイダンスにて説明

このページのトップ