文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 固体地球物理学2
日本大学ロゴ

固体地球物理学2

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 固体地球物理学2
平成27年度以前入学者 固体地球物理学2
教員名 鵜川 元雄
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 固体地球物理学の基礎的な知識、およびその総合的な解釈
授業のねらい・到達目標 固体地球物理学に関連する分野のうち太陽系と地球の形成、地球内部構造、地震、地殻変動、重力、地球電磁気、火山活動に関連する観測と観測データから導き出せることを学ぶ。またその総合的成果として地球のダイナミクスに関する基礎を学ぶ。
学科プログラムの学習・教育到達目標「(G)専門技術」(1~15)に寄与するなお、2015年度以前の入学者は各入学年度の学習・教育到達目標「(G)専門技術」に寄与する。
。※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 主として板書によるが、液晶プロジェクター及び資料の配付により、講義を行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習のため、配布したプリントをもとに前回の授業で行った内容のまとめを行う。
授業計画
1固体地球物理学2の授業の流れと学んで欲しいこと
2太陽系と地球の形成 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
3地球の構造と内部物性 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
4地震とその観測 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
5地殻変動とその観測 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
6火山活動とその観測 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
7重力の測定 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
8重力異常と地下構造 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
9地球電磁気とその観測 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
10地球ダイナミクス1 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
11地球ダイナミクス2 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
12プレートテクトニクスと日本列島の地震・火山活動 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
13月と惑星 (事前学習:前回学習したことのまとめを行う)
14授業内テストと解説 (事前学習:前回までに学習したことのまとめを行う)
15固体地球物理学2のまとめ (事前学習:前回までに学習したことのまとめを行う)
その他
教科書 なし
参考書 山本明彦 『地球ダイナミクス』 朝倉書店 2014年 第1版
その他、必要に応じて授業で指示する
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(80%)、授業内小テスト(20%)
達成度評価基準
1.太陽系と地球の形成、地球内部構造、地震、地殻変動、重力、地球電磁気、火山活動、地球のダイナミクスや月・惑星の基礎を理解している(100点)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-214室)にて対応する。

このページのトップ