文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 司法福祉論
日本大学ロゴ

司法福祉論

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 司法福祉論
教員名 高橋 幸成
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 保護観察、少年司法等、更生保護制度の基本を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 更生保護制度全般に関し基礎的知識を学び、司法福祉を多角的に理解する。
授業の方法 講義を中心に行う。
履修条件 社会福祉士国家試験受験資格取得を希望する学生は受講すること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 講義中心で行う。教材として適宜DVD等を使用する。
授業計画
1少年司法・非行臨床
2犯罪臨床・更生保護
3仮釈放等・保護観察
4保護観察
5生活環境の調整・更生緊急保護
6犯罪被害者等施策・恩赦
7保護観察官・保護司
8更生保護施設・BBS会等民間協力者
9関係機関・団体との連携 裁判所・検察庁
10関係機関・団体との連携 矯正施設等
11医療観察制度
12保護観察官の業務
13社会復帰調整官の業務
14レポート作成
15まとめ
その他
教科書 (編集)社会福祉士養成講座編集委員会 『更生保護制度 (新・社会福祉士養成講座)』 中央法規 2014年 第3版
成績評価の方法及び基準 レポート(70%)、授業参画度(30%)
・レポートを基本とする。
・所定の出席回数を満たさない場合、提出すべきレポートの提出がない場合は、成績評価の対象としない。詳細については授業で説明する。
・受講者はテキストを必ず購入のこと。
オフィスアワー 講義の中で掲示する。

このページのトップ