文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 自然災害科学2
日本大学ロゴ

自然災害科学2

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 自然災害科学2
教員名 大八木 英夫
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 水文・気象の自然現象の災害と人為的な災害について
授業のねらい・到達目標 自然現象および人為的な災害を事例をみながら理解する。特に、集中豪雨・洪水・高潮など「気象災害」「水害」について注目する。学科プログラムの学習・教育到達目標「(D)専門技術」に寄与する。
達成度評価基準は次の通り。
1.自然災害に関する知識をもつ(1-13)
2.気象災害・水害に対する調べる能力を修得している(7・12・13)
3.自然災害と防災の基本論理を身につける(1・2・7・12)
※括弧内の数字は、授業計画内の講義番号
授業の方法 講義プリントおよびスライドを使用
事前学修・事後学修,授業計画コメント この授業は、気象災害・水害の基本論理の講義を介して、災害・防災を自分で考える能力を身につけることを目標としている。授業計画に示した各回のテーマを、参考文献などで予習して、重点、問題点等を検討した上で授業に臨むことを推奨する。また、日々の「ニュース」に耳を傾け、常に災害がどこかで生じていることを気づいていいただきたい。
授業計画
1世界の自然災害/世界の気象災害・水害の形態と発生地域を知る
(復習:事後学習として授業内容をまとめておく)
2日本の自然災害/日本の気象災害・水害に形態と発生地域を知る
(復習:事後学習として授業内容をまとめておく)
3気象災害1/異常気象と地球の気候変化
(復習:事後学習として温暖化について理解しておく)
4気象災害2/気温の異常
(復習:事後学習として温暖化について理解しておく)
5気象災害3/降水量の異常
(復習:事後学習として温暖化について理解しておく)
6気象災害4/集中的な豪雨
(復習:事後学習として温暖化について理解しておく)
7気象災害を知る・調べる方法
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
8水害1/歴史と法令
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
9水害2/地理的要因について
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
10水害3/都市型水害
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
11雪害/豪雪国日本
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
12水害を知る・調べる方法
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
13気象災害・水害対策対策
(復習:事後学習として過去の災害記録について理解しておく)
14水圏・気圏における災害のまとめ
(復習:事後学習として授業内容をまとめておく)
15達成度の確認
(復習:事後学習として授業内容をまとめておく)
その他
教科書 使用しない。関連するプリントを授業中に教材として配布する。
参考書 授業内で紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(70%)、レポート(20%)、授業内に課す課題(10%)
総合的に判断して60点以上を合格とする。
達成度評価基準は次の通り。
1.自然災害に関する知識をもつ(50点)
2.気象災害・水害に対する調べる能力を修得している(30点)
3.自然災害と防災の基本論理を身につける(20点)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-311室)にて対応する

このページのトップ