文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 自然地理学調査法Ⅱ
日本大学ロゴ

自然地理学調査法Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
自然地理学調査法Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
自然地理学調査法Ⅱ
教員名 関根 智子
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地理学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 修士論文作成に必要な自然地理学の調査法を学ぶ。特に、論文のまとめ方と発表の方法を学習する。
授業のねらい・到達目標 各種の分析や実験、学会発表、論文執筆などに関する手法を習得することを目指す。
授業の方法 各自の研究課題に沿って、現地調査の結果と分析・実験結果をゼミ形式で発表する。
履修条件 「自然地理学調査法Ⅰ」を修得していること。受講希望者は、入学年度のはじめに届け出ること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 各回の授業の内容を事前に学習するとともに、授業で指摘された課題について、事後に解決するよう取り組む必要がある。
授業計画
1夏季調査結果の発表準備
準備)夏季調査についてまとめておくこと。
2夏季調査結果の発表と報告書の提出
準備)夏季調査結果についての発表準備をしておくこと。
なお、授業で指摘された点を考慮して報告書を作成すること。
3研究課題に関する文献収集
準備)研究課題に関する文献リストを作成しておくこと。
4研究課題に関する文献の講読とまとめ
準備)第3回の授業で指示された文献を読んでおくこと。
5発表準備
準備)学会発表の内容についてまとめておくこと。
6学会発表内容(目的・方法・結果)の検討
準備)第5回の授業で検討した点を考慮して発表内容を作成しておくこと。
なお、授業で指摘された点を考慮して学会発表を作成すること。
7文献ゼミ(1):方法論の文献
準備)研究課題に関する方法論の文献を用意し、読んでおくこと。
8文献ゼミ(2):結果に関する文献
準備)結果に関する文献を用意し、読んでおくこと。
9各種の分析・実験の実施
準備)分析・実験の方法について考えておくこと。
10調査地域での再調査の検討
準備)再調査をする内容についてまとめておくこと。
11修士論文作成のための研究計画作成
準備)研究計画を作成しておくこと。
なお、授業で指摘された点を考慮して研究計画を作成すること。
12修士論文研究課題の検討(1):方法論
準備)方法論をまとめておくこと。
13修士論文研究課題の検討(2):調査分析結果
準備)調査分析結果をまとめておくこと。
14修士論文研究計画の発表
準備)修士論文研究計画の発表準備をしておくこと。
15授業の理解度・到達度・達成度の確認
その他
教科書 授業中に適宜指示する。
参考書 授業中に適宜指示する。
成績評価の方法及び基準 授業参画度(20%)、ゼミの発表内容(50%)、調査分析結果、修士論文研究計画の内容(30%)
ゼミの発表内容、調査分析結果、修士論文研究計画の内容、授業の参画度などにもとづき総合的に評価する。
オフィスアワー 水曜日:12時10分~12時50分 8号館502研究室
これ以外でも時間を調整して受け付ける。詳細は、第1回の授業で説明する。

このページのトップ