文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 実習指導ゼミナール1
日本大学ロゴ

実習指導ゼミナール1

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 実習指導ゼミナール1
教員名 金子 絵里乃
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 通年 履修区分 選択
授業テーマ 学内でのゲストスピーカーによる講義・領域別研究を通して、ソーシャルワーク実習を行うためのソーシャルワークの価値・知識・技術を学ぶ
授業のねらい・到達目標 (1)ソーシャルワークの価値を学ぶ
(2)ソーシャルワークの知識を学ぶ
(3)ソーシャルワークの技術を学ぶ
(4)領域別の専門知識を学び、その共通性と違いを理解する
授業の方法 講義・グループディスカッション・事例検討
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業の進行によって授業計画が変更する場合があります
授業計画
1全体ガイダンス
2個別ゼミガイダンス
3個別ゼミガイダンス
4ソーシャルワーク実習先の理解(1)翌週の事前学習
5ソーシャルワーク実習先の理解(2)ゲストスピーカー
6ソーシャルワーク実習先の理解(3)翌週の事前学習
7ソーシャルワーク実習先の理解(4)ゲストスピーカー
8ソーシャルワーク実習先の理解(5)翌週の事前学習
9ソーシャルワーク実習先の理解(6)ゲストスピーカー
10ソーシャルワーク実習先の理解(7)翌週の事前学習
11ソーシャルワーク実習先の理解(8)ゲストスピーカー
12ソーシャルワーク実習先の理解(9)翌週の事前学習
13ソーシャルワーク実習先の理解(10)ゲストスピーカー
14合同ゼミ
15総括
16全体ガイダンス
17個別ゼミガイダンス
18事例検討(グループワーク)
19事例検討(グループワーク)
20事例検討(グループワーク)
21事例検討発表(1)
22事例検討発表(2)
23事例検討発表(3)
24事例検討発表(4)
25実習先の事前学習(1)
26実習先の事前学習(2)
27実習先の事前学習(3)
28実習先の事前学習(4)
29合同ゼミ
30総括
その他
教科書 教科書は使用しません
参考書 金子絵里乃・後藤広史 『ソーシャルワーク』 弘文堂 2016年 第1版
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業参画度(50%)
4回以上欠席した場合は、単位は不可とする。遅刻は2回で1回の欠席扱いとします
オフィスアワー 日時:金曜日の12:10~13:00
場所:研究室
方法:事前にメール等でアポイントをとってください(アドレスは事業時に伝えます)
備考 授業の進行状況などにより、授業計画を変更することがあります

このページのトップ