文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会教育主事コース > 社会教育演習1
日本大学ロゴ

社会教育演習1

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
社会教育演習1
科目名
平成27年度以前入学者
社会教育演習1
教員名 佐藤 晴雄
単位数    1 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 コース科目
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 社会教育調査(学校教育調査を含む)の計画・実施・分析・考察
授業のねらい・到達目標 教育委員会等では社会教育や生涯学習に関する調査を実施している。それは、住民の学習ニーズを把握したり、行政課題を見出したりするために行われる調査である。本演習では、社会教育に関する調査の基礎知識と技法の習得を図るよう進めていく。また、教員志望の学生にとっては、社会教育主事資格を有することが採用選考で評価されることもあるので、その資格科目の必須として受講することを勧めたい。
ここでは、社会教育調査を扱いつつも、教育調査に関する知識と手法の基礎が身につくよう配慮するので、社会教育主事資格の取得の有無に関わらず、受講を歓迎する。
授業の方法 本演習では、社会教育及び教育関係調査一般に関する調査データを用いて、分析と考察を行い、レポートにまとめる。データ分析に際しては本学部パソコンのソフトを用いることする。
基本的には、パソコンによるデータ分析実技という方法で演習を進めていく。
履修条件 数学が苦手な者でも大丈夫です。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 指定したテキストを読むよう努めること。
授業計画
1オリエンテーション
2社会教育調査及び教育調査の意義
3社会教育調査及び教育の実際
4教育調査の基礎1
5教育調査の基礎2
6教育調査の基礎3
7教育調査の基礎4
8教育調査の基礎5
9教育調査の基礎6
10教育調査の基礎7
11教育調査の基礎8
12教育調査の基礎9
13教育調査の基礎10
14教育調査の基礎11
15前期のまとめとレポート提出
その他
教科書 『開講時に指示する』
開講時に指示する。
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(40%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 7号館2階(月・水・木)
備考 社会調査(社会教育調査)に興味のある方ならどなたでも歓迎します。

このページのトップ