文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会教育主事コース > 社会教育課題研究2
日本大学ロゴ

社会教育課題研究2

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
社会教育課題研究2
科目名
平成27年度以前入学者
社会教育課題研究2
教員名 堀越 幾男
単位数    1 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 コース科目
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 社会教育に関する課題研究、小論文の作成及び相互批評
授業のねらい・到達目標 前期「社会教育課題研究1」で作成した小論文をもとに、事例式論文、課題式論文の作成を通してさらに論文作成の能力を高める。また、論文の相互批評を通して、他の受講者の論文から学ぶという学習内容を取り入れる。
授業の方法 導入段階では、社会教育の課題に関する論点整理を行う。論文テーマを確定させたところで、つぎに、現状・問題の把握、原因の追及、課題の構築という3つの段階を踏まえた論文を作成していく。文章の書き方や論文構成、論文形式など論文作成の基本的事項について取り上げていき、受講者各自が最終的に完結した論文が作成できるようにする。、
履修条件 原則として、前期「社会教育課題研究1」履修者を対象とする。ただし、事情によって前期「1」を履修できなかった者については相談に応じる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント テーマとして、社会教育・生涯学習の理論、教育委員会と社会教育行政、学校・家庭・地域の連携、公民館等の社会教育施設、社会教育・生涯学習の学級講座(市民大学など)、社会教育計画、社会教育職員、社会教育と学びの循環、指定管理者制度などに関することが想定される。
授業計画
1前期作成論文の講評、小論文集の配付・相互批評
2代表者による発表を通して良い論文から学ぶ
3前期作成論文の完成、提出
4事例式論文①の準備、構想づくり
5事例式論文①の作成
6小論文集の配付・相互批評
7代表者による発表を通して良い論文から学ぶ
8事例式論文①の完成、提出
9事例式論文②の準備・構想づくり
10事例式論文②の作成
11小論文集の配付・相互批評
12代表者による発表を通して良い論文から学ぶ
13事例式論文②の完成・提出
14論文作成のテクニック
15全体の振り返り
その他
教科書 なし
参考書 『開講時に指示する』
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(50%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 初回にメールアドレスをお知らせしますので、質問等を送信ください。

このページのトップ