文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会教育主事コース > 社会教育課題研究2
日本大学ロゴ

社会教育課題研究2

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
社会教育課題研究2
科目名
平成27年度以前入学者
社会教育課題研究2
教員名 前田 耕司
単位数    1 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 コース科目
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 地域社会の多文化・多民族化と生涯学習
授業のねらい・到達目標 本授業では,地域社会の多文化・多民族化の進行にともなって生起する教育上の課題およびそれへの取り組みについて多文化教育の視点から考察する。特にオーストラリアやアメリカ、イギリスなどの諸国と日本との比較研究と通して多文化社会における社会教育・生涯教育の今日的で実践的な課題について認識を深めることをねらいとする。
授業の方法 前半は講義形式で授業を進めながら、多文化教育の課題についていくつか提示する。後半は多文化社会における社会教育・生涯教育のあり方を考える一つの視点を養うため、提示した課題に基づくプレゼンテーションとディスカッションによる演習形式で授業を進める。
履修条件 原則として、「社会教育課題研究1」履修者を対象とする。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 職業確保および社会参加・参画の手段としての識字教育・日本語教育をめぐる問題をはじめ、外国人市民や先住・少数民族などマイノリティの民族的・文化的アイデンティティーの保全を前提とした教育・学習活動への参加保障の問題など、各自が多文化社会における今日的・実践的課題を提起して考察していく。
したがって、各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成が本授業における事前事後の学修の基本となる。
授業計画
1イントロダクション-問題提起-
2移民と識字学習(学習社会における言語と教育―地域・民族問題の観点から)
テキストの45ページから59ページを読んでおくこと
3識字とエスニック階層
テキストの66ページから71ページを読んでおくこと
4グローバリゼーションと少数言語(学習社会における言語と教育―地域・民族問題の観点から)
テキストの22ページから32ページを読んでおくこと
5マイノリティの言語・文化とアイデンティティーの形成(学習社会における言語と教育―地域・民族問題の観点から)
テキストの9ページから21ページを読んでおくこと
6研究成果のプレゼンテーションの方法の確認
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成の説明
7各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)①
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
8各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)②
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
9各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)③
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
10各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)④
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
11各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)討議⑤
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
12各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)討議⑥
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
13各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)⑦
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
14各自による課題の提起・プレゼンテーションとバズセッション(共通討議)⑧
各自によるパワーポイント(発表資料)および振り返りシートの作成
15多文化・多民族共生社会への視座と生涯学習(総括)
テキストの164ページから172ページを読んでおくこと
その他
教科書 日本国際教育学会創立20周年記念年報編集委員会編 『国際教育学の展開と多文化共生』 学文社  2010年 第1版
開講時に分担(章)を決めるので、教科書を持参すること。
成績評価の方法及び基準 平常点(15%)、授業参画度(15%)、討論参加と毎回の振り返りシートの作成・提出(20%)、発表資料作成とプレゼンテーションの技法(50%)
オフィスアワー 本授業終了後、講師室にて10分間とする。

このページのトップ