文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉ゼミナール2
日本大学ロゴ

社会福祉ゼミナール2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 社会福祉ゼミナール2
教員名 上之園 佳子
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 通年 履修区分 必修
授業テーマ 社会福祉学を多角的視点から研究する技法を学ぶ
授業のねらい・到達目標 この授業では、社会福祉の今日的課題について資料やデータ、先行文献等の科学的根拠に基づいた理解や分析力を演習やフィールドワーク等を通じて習得する。また、社会福祉研究方法論の基礎を実践的に習得し、卒業論文にむけて各自のテーマで「研究計画」を作成し、社会福祉学の総まとめとなる学習(卒業論文)へと繋いでいくことを目標とする。
授業の方法 各自の関心テーマの先行文献や研究調査方法(量的・質的調査、文献研究、歴史研究等)について報告、ディスカッションを通じて、研究の進め方・情報収集や分析方法など自ら主体性を持って学習・研究をおこなう。卒論の研究計画作成を通じて実践的研究活動方法をグループワーク等を通じて習得できるようにする。また、ゲストスピーカー招聘や学外フィールドワーク実践を行う。
履修条件 時間割の授業時間以外での集中授業や学外フィールドワークに対応できること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 「研究計画」作成に向けての先行文献の読み込み、資料収集などを事前学習、事後学習で深める。各自の研究テーマでの学習とともにた学生の研究報告を踏まえ各自の研究へとフィードバックする。
授業計画
1合同オリエンテーション 社会福祉ゼミナール2の授業の説明
2社会福祉研究の基礎(1)研究とは、研究の目的
3社会福祉研究の基礎(2)社会福祉研究の対象
4社会福祉研究の基礎(3)社会福祉研究の対象
5社会福祉研究の基礎(4)研究方法
6社会福祉研究の基礎(5)研究方法
7社会福祉研究の基礎(6)研究方法
8社会福祉研究の基礎(7)報告とディスカッション
9社会福祉研究の基礎(8)報告とディスカッション
10ゲストスピーカーの講義内容の事前学習
11ゲストスピーカーによる講義
12研究計画案の報告(1)
13研究計画案の報告(2)
14研究計画案の報告(3)
15研究計画案のまとめ
16後期社会福祉ゼミナール2 ガイダンス
17社会福祉研究の展開(1)
18社会福祉研究の展開(2)
19社会福祉研究の展開(3)
20社会福祉研究の展開(4)
21社会福祉研究の展開(5)
22フィールドワーク(1)事前学習 資料収集と報告
23フィールドワーク(2)事前学習 現状と課題
24フィールドワーク(3)実践
25フィールドワーク(4)まとめとディスカッション
26社会福祉研究の研究計画報告(1)
27社会福祉研究の研究計画報告(2)
28社会福祉研究の研究計画報告(3)
29社会福祉研究の研究計画報告(4)
30社会福祉研究のまとめ
その他
参考書 授業時に適宜紹介をする。
成績評価の方法及び基準 平常点(30%)、レポート(30%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 月曜日授業終了後、その他、授業開始後に提示する。

このページのトップ