文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉ゼミナール3
日本大学ロゴ

社会福祉ゼミナール3

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 社会福祉ゼミナール3
教員名 諏訪 徹
単位数    2 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 通年 履修区分 必修
授業テーマ 4年間の集大成として研究し、まとめる
授業のねらい・到達目標 自身の研究テーマについて考究し、最終的には卒業論文をまとめる。
授業の方法 ・各人の発表・レポートを踏まえた学生同士のピアレビュー、教員からの指導を中心にした演習を行う。
・授業計画(案)の詳細は第一回目に示し、協議したい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 研究計画、教員の指導に基づき、計画的に研究作業をすすめること。
授業計画
1オリエンテーション
2各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
3各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
4各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
5各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
6各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
7各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
8各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
9各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
10各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
11各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
12各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
13各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
14各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
15各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
16各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
17各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
18各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
19各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
20各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
21各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
22各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
23各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
24各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
25各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
26各自の研究の進捗を踏まえた報告と指導
27まとめ
28まとめ
29まとめ
30まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(20%)、授業参画度(40%)
オフィスアワー 月曜日 12:15-12:45
火曜日 12:15-12:45
この他に個別指導の時間をとる。

このページのトップ