文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉ゼミナール3
日本大学ロゴ

社会福祉ゼミナール3

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 社会福祉ゼミナール3
教員名 山田 祐子
単位数    2 学年    4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 集中 履修区分 必修
授業テーマ 研究テーマを設定し、研究を遂行し、論文としてまとめる。
授業のねらい・到達目標 「社会福祉ゼミナール1」(2年次)で研究活動の基盤を形成し、「社会福祉ゼミナール2」(3年次)で、社会福祉の今日的課題について、科学的根拠に基づいた理解や分析力を身につけ、学生それぞれの問題意識に基づいた関心あるテーマを研究課題としてさらに絞り込み、深め、演習やフィールドワーク等をとおして社会福祉研究方法の基礎を実践的に習得してきたうえで、「社会福祉ゼミナール3」(4年次)においては、研究を遂行し、その研究の成果として卒業論文としてまとめます。
 また福祉社会に貢献できる主体的かつ創造的思考力をもった人材養成を目指し、学問と実践の融合の成果としての人材養成の実現を図るため、キャリア教育も重視します。
授業の方法 少人数のグループで開設します。グループでの学びあいとともに個別指導も行っていきます。
具体的には、研究テーマを学生それぞれが設定し、研究を遂行していく中で、学生による発表、討論を通して研究を完成させていきます。
演習形式であるため、グループワーク、フィールドワークを行う場合があります。
ゲストスピーカーのお話を伺う機会を設け、最新の情報を提供するとともに、学生それぞれのキャリアプランに配慮しながら、社会福祉士養成校として、社会福祉士のキャリア教育も行います。
履修条件 社会福祉学科必修科目
事前学修・事後学修,授業計画コメント 本演習と「社会福祉ゼミナール1」(1年次)、「社会福祉ゼミナール3」(4年次)で、「社会福祉ゼミナール」としての一つの体系となっており、プログラムが構成されています。
授業計画
1オリエンテーション(演習の進め方と役割分担の再設定)
2学生の報告
キャリア研究
3学生による課題発表・討議
4学生による課題発表・討議
5学生による課題発表・討議
6学生による課題発表・討議
7社会福祉研究方法論(1)
8社会福祉研究方法論(2)
9卒業論文作成指導
10卒業論文作成指導
11卒業論文作成指導
12卒業論文作成指導
13学生の報告
キャリア研究
14フィールドワーク
15まとめー前期の評価と後期に向けての課題設定
16オリエンテーション
学生の報告
17卒業論文ドラフト発表
18卒業論文ドラフト発表
19卒業論文ドラフト発表
20卒業論文ドラフト発表
21卒業論文作成指導
22卒業論文作成指導
23卒業論文作成指導
24卒業論文作成指導
25卒業論文報告会指導
26卒業論文報告会指導
27卒業論文報告会指導
28学生の報告
キャリア研究
29グループ活動
30まとめー1年間の評価・卒業論文の講評・ゼミ総括
その他
教科書 開講時に指示します。
参考書 開講時に指示します。
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)
出席を含む平常点、授業参加度、課題発表の内容等を総合して評価します。

授業への主体的、積極的参加と誠実な取り組みを期待します。グループでの「学び合い」をとおして、連携・協力や、職業人・社会人として必要な伝達力・表現力・思考力を身につけていくことも重視します。
オフィスアワー 山田祐子研究室・時間帯は開講時に指示します。
備考 「ゆるやかな連帯」をモットーに運営していきます。
4年次になり、卒業論文作成、公務員試験・就職試験、社会福祉士国家試験も本格的に取り組むことになりますが、計画的に行えば大丈夫!ゼミの仲間とともにがんばっていきましょう!
課題レポートは必ずコピーし、データはバックアップをとり、学生本人が責任をもって保管しておくこと。。
合宿があります。

このページのトップ