文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 社会福祉法制度2
日本大学ロゴ

社会福祉法制度2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 社会福祉法制度2
教員名 諏訪 徹
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 制度観を形成する
授業のねらい・到達目標 本科目では、社会保障・社会福祉制度の財政の状況、制度が形成された歴史、近年の社会保障・社会福祉制度改革のテーマ、制度の限界とボランタリーセクターの役割といったテーマをとりあげる。一見、テーマ・切り口はさまざまだが、そのなかで一貫しているのは、制度が形成される社会的な背景や利害関係、制度の運用と問題点など、制度の動態、利害、限界といったことである。こうしたことを考え、制度についての見方(制度観)を形成することを狙いとしている。
授業の方法 ・資料は「Blackboard Learn」により配布する。各自プリントアウトして授業に臨むこと。詳細は初回授業で説明。
・毎回の学習内容の習得のため、確認テストを行う(事前・事後学修課題)。
・授業中提示した参考文献等の学習を奨励する。
・私語はしないこと。スマートフォンはしまうこと。注意しても繰り返す場合は退出を命じる。
履修条件 他の科目を理解する基礎を形成するため、必ず1年次に履修すること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・確認テストを活用し、毎回、事前・事後学修を行うこと。
授業計画
1社会保障・社会福祉の財政
2人口動態と社会保障
3社会保障の財政見通しと持続可能性①
4社会保障の財政見通しと持続可能性②
5社会保障・社会福祉制度の歴史①(福祉国家の生成過程と成立基盤)
6社会保障・社会福祉制度の歴史②(日本の戦前の展開)
7社会保障・社会福祉制度の歴史③(戦後改革から高度経済成長期)
8社会保障・社会福祉制度の歴史④(福祉見直しと年金・医療改革、在宅福祉の充実)
9近年の制度改革のテーマと政策形成過程①
10近年の制度改革のテーマと政策形成過程②
11近年の制度改革のテーマと政策形成過程③
12福祉関係法令の読み方
13制度の限界とボランタリーセクターの役割/まとめ
14まとめ1
15まとめ2
その他
参考書 右田紀久恵・高澤武司・古川考順 『新版 社会福祉の歴史』 有斐閣 2004年
河野正輝・阿部和光・増田雅暢・倉田聡 『社会福祉法入門』 2008年 第2版
坂田周一 『第3版 社会福祉政策』 有斐閣 2014年 第3版
成績評価の方法及び基準 試験(80%)、平常点(10%)、授業参画度(10%)
・欠席回数に応じ、平常点及び授業参画度を減点する(詳細は授業で説明)
・提出すべきレポートを提出しない場合、試験で所定の点数に到達しなかった場合は、成績評価の対象としない
・追試等を行う(詳細は授業で説明)
オフィスアワー 月曜日 12:15-12:45
火曜日 12:15-12:45
備考 ・カリキュラム改正により本科目の開講は原則として今年度限りとなる。単位未取得の者は必ず本年度履修すること。

このページのトップ