文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 障害者の特性と心理
日本大学ロゴ

障害者の特性と心理

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 障害者の特性と心理
教員名 野中 由彦
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 障害者の特性と心理を理解する。
授業のねらい・到達目標 障害者の特性と心理について、障害者の定義・範囲、障害者が置かれている状況、障害者リハビリテーションの歴史を理解し、とくに精神障害者、発達障害者、知的障害者、高次脳機能障害者を中心に、その障害特性と心理を多角的に理解する。さらには障害者と接する場合の心得や基本的な考え方を体得する。
授業の方法 障害者についてほとんど知らない学生であっても、楽しく面白く理解できるよう工夫された授業を展開する。できる限り、具体的事例を通して理解できるように進め、障害者支援の現場の状況をよく示す映像、画像等を活用するとともに、自ら考え、発表し、討論する機会を多く設定する。併せて障害者福祉をはじめとした対人業務の現場で活用できる実践的で効果的な技を共有する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習は必要としない。授業は基本的には下記のとおり計画するが、学生の理解度や興味に応じて、自在に変更する。
授業計画
1オリエンテーション
2障害者の定義と範囲
3障害者リハビリテーションの歴史
4精神障害者の特性と心理(1)
5精神障害者の特性と心理(2)
6精神障害者の特性と心理(3)
7発達障害者の特性と心理
8知的障害者の特性と心理
9高次脳機能障害者の特性と心理
10障害者理解の方法(1)
11障害者理解の方法(2)
12障害者理解の方法(3)
13障害者と家族
14障害者支援
15全体のまとめ
その他
教科書 教科書、参考書は指定しない。授業で使用する参考資料はその都度用意する。
参考書 教科書、参考書は指定しない。授業で使用する参考資料はその都度用意する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(50%)、授業参画度(50%)
成績評価は、授業への出席と授業の感想レポートを中心とする。ただし、理由があって授業への出席率が低かった学生については、代替レポートを課す等の対応を考慮する。
オフィスアワー 授業終了時。

このページのトップ