文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 情報科学特別講究Ⅳ
日本大学ロゴ

情報科学特別講究Ⅳ

このページを印刷する

科目名 情報科学特別講究Ⅳ
科目名 情報科学特別講究Ⅳ
教員名 北原 鉄朗
単位数    1 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 音メディア情報処理に関する研究開発
授業のねらい・到達目標 各自の研究テーマを遂行し、ゼミなどで発表・報告することを通じて、情報科学の基本的な知識やプログラミング能力、論理的表現能力、プレゼン能力や議論する力などの強化をめざす。年1~2回程度の国内発表、年1回程度の国際会議発表を目標とする。
授業の方法 「情報科学特別研究II」と連動し、担当教員とのミーティング形式で研究の進捗確認およびディスカッションを行う。また、他学年と合同で行う研究室ゼミで定期的に進捗発表を行う。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 担当教員とのコミュニケーションをよくとって研究を進めること。
授業計画
1担当教員とのディスカッション(1)
2担当教員とのディスカッション(2)
3担当教員とのディスカッション(3)
4担当教員とのディスカッション(4)
5担当教員とのディスカッション(5)
6担当教員とのディスカッション(6)
7担当教員とのディスカッション(7)
8担当教員とのディスカッション(8)
9担当教員とのディスカッション(9)
10担当教員とのディスカッション(10)
11担当教員とのディスカッション(11)
12担当教員とのディスカッション(12)
13担当教員とのディスカッション(13)
14担当教員とのディスカッション(14)
15担当教員とのディスカッション(15)
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
研究への取り組み方や進捗状況などを総合的に勘案して判断する。
オフィスアワー 在室時はいつでも構わない。在籍予定曜日・時限は研究室ドアに貼り出す予定。

このページのトップ