文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 人間関係学特論
日本大学ロゴ

人間関係学特論

このページを印刷する

科目名 人間関係学特論
科目名 人間関係学特論
教員名 野々村 新
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ キャリア発達とキャリア教育
授業のねらい・到達目標 とくに青少年のキャリア発達およびそれを促進するための教育活動である学校進路指導の意義・目的、それを中核とするキャリア教育に関する正しい認識の形成を目的とする。
授業の方法 最新の情報に基く講義が主であるが、全員による討論も行う。
履修条件 特になし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 授業初回に紹介する参考書のいずれかを熟読するとともに、各授業の最後に次回授業範囲を説明しますので、該当箇所を事前に読んで考察すること。
授業計画
1キャリア発達に関する研究の最近の動向
2キャリア、キャリア発達の概念
前回配布したプリントを読んでおくこと
3キャリア発達の理論
前回配布したプリントを読んでおくこと
4職業指導、キャリアガイダンス、キャリア教育
前回配布したプリントを配布しておくこと
5出口指導の進路指導から本来の進路指導へ
本来の進路指導を理解しておくこと
6進路指導の指導内容  自己分析、就業体験、等
自己分析について理解しておくこと
7キャリア・カウンセリング
キャリアカウンセリングについて理解しておくこと
8アメリカにおけるキャリア教育
前回のプリントを確認しておくこと
9わが国におけるキャリア教育導入の背景
前回のプリントを確認しておくこと
10わが国におけるキャリア教育の意義・目的
前回のHPを確認しておくこと
11キャリア発達を支える能力
前回のプリントを確認しておくこと
12キャリア教育の効果
前回のプリントを確認しておくこと
13キャリア教育に対する社会的要請
前回のプリントを確認しておくこと
14キャリア発達に関する文献研究
前回のプリントを確認しておくこと
15講義全体のまとめ
ノート・プリント・HPを整理し全体をまとめておくこと
その他
教科書 使用しない。
参考書 初回授業で紹介する。
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、授業参画度(20%)、発表点(20%)
試験、参画度、発表党により総合的評価を行う。
オフィスアワー 授業終了時

このページのトップ