文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 人文地理学調査法Ⅱ
日本大学ロゴ

人文地理学調査法Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
人文地理学調査法Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
人文地理学調査法Ⅱ
教員名 佐野 充
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地理学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 実地調査をベースにデータ分析とGISデジタル地図で地域を解析する
授業のねらい・到達目標 人文地理学の中で、特に工業と商業の調査法を学ぶ
授業の方法 講義と実地調査、データ集計の実習で構成される。
履修条件 工業地理学、商業地理学の基礎的知識を必要とする。
事前学修・事後学修,授業計画コメント EXCELによる統計処理とGISソフトによるデジタル地図作成の基本的技術を習得していること
授業計画
1工業地域の調査項目の検討Ⅰ  EXCEL統計処理
2工業地域の調査項目の検討Ⅱ  EXCEL統計処理
3工業地域の調査票の作成Ⅰ   調査マニュアル作成
4工業地域の調査票の作成Ⅱ   調査マニュアル活用実践
5工業地域の調査Ⅰ  生産拠点と物流  統計データのGISデジタル地図表現
6工業地域の調査Ⅱ  地域政策と工業推進戦略  統計データのGISデジタル地図表現
7工業地域の調査Ⅲ  企業戦略分析  アンケートとヒヤリング
8商業地域の調査項目の検討Ⅰ  EXCEL統計処理
9商業地域の調査項目の検討Ⅱ  EXCEL統計処理 (パーソントリップ調査活用)
10商業地域の調査票の作成Ⅰ 購買行動調査  調査マニュアル作成
11商業地域の調査票の作成Ⅱ 商店街商店調査  調査マニュアル活用実践
12商業地域の調査Ⅰ 商圏設定  統計データのGISデジタル地図表現
13商業地域の調査Ⅱ 商業中心競合分析  統計データのGISデジタル地図表現
14商業地域の調査Ⅲ 都市政策と住民意識  アンケートとヒヤリング
15地域調査の総括
その他
教科書 とくに指定しない。
参考書 講義の中で、適宜紹介する。


成績評価の方法及び基準 平常点(10%)、レポート(30%)、授業参画度(30%)、評価用レポートの作成(30%)
出席、理解度、調査への積極性などを考慮して判定する。
オフィスアワー 下記の研究室へ連絡すること。
文理学部8号館4階の地理学研究室。詳細は、開講時に指示する。
水曜日 18:00~19:00

このページのトップ