文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地理学専攻 > 人文地理学調査法Ⅱ
日本大学ロゴ

人文地理学調査法Ⅱ

このページを印刷する

科目名
平成28年度以降入学者
人文地理学調査法Ⅱ
科目名
平成27年度以前入学者
人文地理学調査法Ⅱ
教員名 水嶋 一雄
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 人文地理学調査法Ⅰの実績を踏まえ、さらに修論の深化を図ることを目的
授業のねらい・到達目標 人文地理学調査法Ⅰで実施した研究対象地域のフィールでの調査を深めるために、さらに多くの機関においてデーターの収集を図りながら、高いレベルの修論の作成を目指す
授業の方法 研究対象地域となるフィールドにおいて、これまで得られた調査内容を吟味し、さらなる調査を指示する
事前学修・事後学修,授業計画コメント 人文地理学調査法Ⅰを再検討し、報告を可能とする内容を整理しておくこと
授業計画
1ガイダンス
2農山村地域の研究テーマに関わる文献や論文の収集とリストの作成
3農山村地域の研究テーマに関わる文献や論文のレビュー
4農山村地域の研究テーマに関わる文献や論文の購読
5農山村地域の研究テーマに関わる文献や論文の購読と抄録の作成方法の指示
6農山村地域の研究テーマに関わる文献や論文の抄録の作成
7研究対象地域のフィールにおいて不足しているデータの収集
8研究対象地域のフィールドにおいて不足している調査の補充
9研究対象地域のフィールドにおいて土地利用調査の補充
10研究対象地域のフィールドにおいて個別農家へのヒアリングの補充
11修論テーマの見直しと報告するための準備
12修論テーマの再確認しとPP作成の準備
13修論発表の準備
14PPを使用した修論発表
15まとめ
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(100%)
オフィスアワー 講義中に指示する

このページのトップ