文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 水圏科学1
日本大学ロゴ

水圏科学1

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 水圏科学1
科目名
平成27年度以前入学者
水圏科学1
教員名 森 和紀
単位数    2 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地下水の流動と水質形成
授業のねらい・到達目標 地球上の水循環システムにおいて重要な役割を担う地下水を対象に,その量的・質的特性,および水資源としての有用性を理解し,開発に伴う地下水資源の保全と管理の必要性を再認識する。
学科プログラムの学習・教育到達目標:2016年度入学者については「(G)地球科学の専門知識を修得する」(1~15),2015年度以前入学者については「(D)専門技術を修得する」(1~15)に寄与する。
※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 実際的・今日的な具体例を紹介し,視覚教材を利用して講義形式を中心に進める。
問題意識を持って主体的に取り組むこと。
以下の授業以外に野外実習を行う場合がある。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の授業で学修した内容のまとめを行うこと。
次回授業の範囲を説明するので,事前に予習をしてくること。
授業計画
1授業のテーマとねらい・到達目標,進め方
地下水の水資源としての長短(莫大な総量と遅い循環速度)
2地下水のあり方(不圧地下水・被圧地下水,帯水層,湧水,宙水,自噴)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
3地下水の流れを測る(地下水面図,Darcyの法則,透水係数,間隙率)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
4地下水と地表水との交流(失水河流・得水河流,分水界漏出,閉塞湖)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
5授業内小テスト(第1回)と解説
地下水流動のトレーサー(水温,溶存成分)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
6地下水の年代決定(滞留時間,放射性同位体,CFCs)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
7地下水の水質形成(溶出・吸着,還元)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
8水質から読み解く地下水の流れ(水質進化)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
9地下水の塩水化とその機構(Ghyben-Herzbergのレンズ)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
10授業内小テスト(第2回)と解説
地下水汚染の実態と解明(1)―ハイテク汚染―(有機塩素系溶剤)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
11地下水汚染の実態と解明(2)―硝酸性窒素,地質由来物質―(施肥,ヒ素)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
12水循環に果たす地下水の役割(基底流出,水収支)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
13地下水資源の適正利用と管理(公水としての位置づけ,人工涵養,適正揚水量)
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
14授業内テストと解説
【復習】前回の授業内容のまとめを行うこと。
15講義内容の総括
【復習】授業全体のまとめを行うこと。
その他
教科書 使用しない。
関連するプリントを授業中に教材として配布する。
参考書 講義の中で紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業内小テスト(2回)(30%)
総合的に判断し,60点以上を合格とする。
達成度評価基準: ※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
1.水循環の過程における地下水の役割と機能を定量的に評価することができる(1~2,14~15)。
2.具体的な調査地域を対象に地下水面図を作成し,地下水の流動を把握することができる(3~6,14~15)。
3.地下水の水質形成と水質変化,およびその要因について理解することができる(7~11,14~15)。
4.地下水資源の適正な利用と保全・管理のシステムを理解し,評価することができる(12~13,14~15)。
オフィスアワー 授業前後の時間帯,教室または講師室において。
備考 質問を大いに歓迎します。

このページのトップ