文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 水圏科学特論I
日本大学ロゴ

水圏科学特論I

このページを印刷する

科目名 水圏科学特論I
科目名 水圏科学特論I
教員名 森 和紀
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 水文環境の変化とその要因
授業のねらい・到達目標 人間活動に伴う水文環境の変化を明らかにすることを目的に,陸水の水温・水質と流動機構に関する理解を深める。
授業の方法 外国語文献の講読により進める。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の授業で学修した内容のまとめを行う。
次回授業の範囲を説明するので,予習をしてくること。
授業計画
1異なる水文環境下における水循環の諸相(1)-流況変化-
2異なる水文環境下における水循環の諸相(2)-水質変化-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
3降水量の時空間変動(1)-水収支の経年変化-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
4降水量の時空間変動(2)-都市型水害-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
5地表水の循環と水質特性(1)-河川-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
6地表水の循環と水質特性(2)-湖沼-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
7地中水の循環・滞留時間と水質特性(1)-土壌水-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
8地中水の循環・滞留時間と水質特性(2)-地下水-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
9水文データベースの活用と解析(1)-河川流量-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
10水文データベースの活用と解析(2)-地下水位-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
11水文データベースの活用と解析(3)-水質-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
12水文環境の変動機構(1)-流域外導水-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
13水文環境の変動機構(2)-都市化-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
14水文環境の変動機構(3)-気候変化-
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
15総合討論
[前回の授業内容のまとめを行うこと。]
その他
教科書 教科書は使用しない。
プリントを授業中に教材として配布する。
参考書 授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 授業内に課す課題(100%)
授業内に課す課題に基づき評価し,総合的に判断し60点以上を合格とする。
オフィスアワー 授業前後の時間帯,教室または講師室。

このページのトップ