文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 心理学専攻 > 精神医学特論2
日本大学ロゴ

精神医学特論2

このページを印刷する

科目名 精神医学特論2
科目名 精神医学特論2
教員名 内山 真
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 心理学専攻
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 精神疾患における症候のとらえ方と精神療法の基礎
授業のねらい・到達目標 代表的な精神疾患について、支持的精神療法の実際について、症例を通して学ぶとともに、種々の学説における心理療法の意義について理解する。
授業の方法 臨床症例の面接を見学し、支持的精神療法の実際について学ぶ。面接の仕方と心理療法について、臨床症例に則してミニレクチャーを行う。
履修条件 臨床心理学コースの学生(4人まで)。毎週月曜日,午後1時00分までに日大板橋病院精神科医局に集合する。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 実際の症例に沿った疾患別の各論的な演習を主体に行う。総論的な部分は現地でのスモールグループの講義で補う。
【事前学修】精神疾患における心理力動について予習しておく。
【事後学修】実際の症例における疾患別の症状について復習しておく。
授業計画
1精神療法の考え方1
2精神療法の考え方2
3心因反応への精神療法的接近
4神経症への精神療法的接近
5うつ病に対する精神療法的接近
6うつ病の認知療法
7躁うつ病に対する精神療法
8統合失調症に対する精神療法的接近
9不眠症の認知行動療法
10支持的精神療法の実際
11精神療法のメカニズム
12診断面接の実際1
13診断面接の実際2
14診断面接の実際3
15総括
その他
教科書 Michael Gelderら 山内俊雄 監訳 『教科書 (オックスフォード精神医学)』 丸善株式会社 2007年 第3版
Tim Thornton, 教科書:Essential philosophy of psychiatry , Oxford University Press, 2007, 1 edition
参考書 Michael Gelderら, 教科書:Shorter Oxford Textbook of Psychiatry, Oxford University Press, 2006, 5 edition
土居健郎 『参考書 (新訂 方法としての面接 臨床家のために)』 医学書院 1992年
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、レポート(25%)、授業参画度(25%)
出席状況,レポート,実習態度,実習成果より判定する。
オフィスアワー 毎週月曜日 10:00〜12:00
電話 03-3972-8111  内線 2431

このページのトップ