文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 相関理化学専攻 > 相関理化学特論Ⅰ
日本大学ロゴ

相関理化学特論Ⅰ

このページを印刷する

科目名 相関理化学特論Ⅰ
科目名 相関理化学特論Ⅰ
教員名 滝沢 武男
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 相関理化学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 物性物理学の基礎的な知識を学ぶ。
授業のねらい・到達目標 結晶とは何か・・・結晶の種類、結晶の表し方、対象操作とその表現、逆格子
結晶結合・・・結合の種類とその仕組み
結晶の格子振動・・・フォノン、比熱
結晶中の電子の運動・・・電気伝導(金属・半導体・絶縁体、超電導)
等々について理解する
授業の方法 授業内容を前もってBlackBoardにアップし、プロジェクターを使用して説明をする。
事前学修・事後学修,授業計画コメント "Introduction to Solid State Physics" by C.Kittel を読んでおくことが望ましい
授業計画
1物質科学の概説(物質の構成・・・原子・分子・結晶)
2結晶と周期構造
3対象操作とその表現
4逆格子とX線回折 I
5逆格子とX線回折 II
6結晶の結合法則(共有結合、イオン結合、金属結合、分子結合、水素結合)
7結晶中の電子(電気伝導、量子論の必要性)
8格子振動とフォノン
9電子比熱とその温度依存性
10格子比熱とその温度依存性 I
11エネルギーバンド
12仕事関数、接触電位差、電池
13半導体(p-n接合、トランジスター、発光ダイオード)
14到達度の確認
15超伝導の仕組み
その他
参考書 Charls Kittel, Solid State Physics:Introduction to Solid State Physics, John Wiley & Sons, Inc., New York, 2005, 8 edition
溝口 正 『物質科学の基礎 (物性物理学)』 裳華房 2009年 第13版
上記以外の参考書は、授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 平常点(40%)、レポート(40%)、授業内テスト(20%)
オフィスアワー 授業内にE-mailアドレスを伝えるので、そちらに連絡してください。

このページのトップ