文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 教育学専攻 > 体育学研究法1
日本大学ロゴ

体育学研究法1

このページを印刷する

科目名 体育学研究法1
科目名 体育学研究法1
教員名 高橋 正則
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 教育学専攻
学期 前期 履修区分 選択
授業テーマ 統計学的観点から研究方法を考える
授業のねらい・到達目標 修士論文を遂行するため、多くの研究論文を読みどのような統計学的手法が用いられているか、あるいは研究論文の構造を検討し、理解させる。そして、研究目的の構築や研究方法の選択について明確化する。また、研究計画の立案の際に重要となる統計的知識や統計処理ソフトの使用法についても学習する。
授業の方法 多くの研究論文をレビューし、その構造を理解する。また、統計処理ソフトSPSSを利用しながら、統計的知識を得るとともに分析方法についても身につける。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回の授業内容を必ず復習しておくこと。
授業計画
1ガイダンス
2研究計画の立て方①(基本的研究方針)
[準備]ガイダンスの注意事項に従うこと.
3研究計画の立て方②(具体的研究内容)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
4統計処理ソフトについて
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
5統計の意味
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
6記述統計1(基本統計量)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
7記述統計2(グラフ)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
8相関と回帰
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
9平均値の差の比較(t検定:対応なし)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
10平均値の差の比較(t検定:対応あり)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
11平均値の差の比較(1要因分散分析)
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
122要因分散分析
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
133要因分散分析
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
14図と表の作成
[準備]前回授業の内容をノート等で確認しておくこと.
15中間のまとめ
[準備]全授業の内容をノート等で確認しておくこと.
その他
教科書 授業で指示する.
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(50%)、授業参画度(30%)
レポートやテスト等により総合的に評価する。
オフィスアワー 火曜日:15時~16時
木曜日:18時~
金曜日:昼休み
場所:体育学研究室第6研究室(E-mail: takahashi.masanori@nihon-u.ac.jp)

このページのトップ