文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 地域福祉論1
日本大学ロゴ

地域福祉論1

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 地域福祉論1
教員名 諏訪 徹
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 地域福祉的な視点を形成する
授業のねらい・到達目標 今日、高齢、障害、児童、低所得という分野別の福祉政策・制度のすべてが、地域福祉を志向している。地域福祉は分野別の福祉政策・制度を地域において横断的に統合し、また、福祉政策・制度とまちづくりをつなぐ位置にある。
本科目では、くらしの場である地域やサポートネットワークの空間的な広がり、政府/市場/非営利セクターのセクター間関係、歴史的な時間軸といった多様な視角から、地域福祉の役割、理念・考え方、多様な実践の広がりを学ぶ。分野別の狭い制度的福祉にとらわれない、領域横断的な広い視点で福祉をとらえる地域福祉的な視点を身につけてほしい。
授業の方法 ・資料は「Blackboard Learn」により配布する。各自プリントアウトして授業に臨むこと。詳細は初回授業で説明。
・毎回の学習内容の習得のため、確認テストを行う(事前・事後学修課題)。
・授業中提示した参考文献等の学習を奨励する。
・私語はしないこと。スマートフォンはしまうこと。注意しても繰り返す場合は退出を命じる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・確認テストを活用し、毎回、事前・事後学修を行うこと。
授業計画
1イントロダクション~暮らしを支える手段と地域福祉
2暮らしの場としての地域
3制度福祉の限界とボランタリーな実践の価値
4地域福祉の考え方
5地域福祉の形成過程①~親族扶養と近隣相扶のみの時代
6地域福祉の形成過程②~施設収容中心と家族扶養の時代
7地域福祉の形成過程③~ノーマライゼーションと在宅福祉サービスの整備の開始
8今日の福祉政策と地域福祉①~地域包括ケア、障害者の地域生活支援
9今日の福祉政策と地域福祉②~児童福祉制度の改革、わがこと丸ごとのゆくえ
10地域福祉と今日の社会課題①~社会的孤立・生活困窮・社会的排除と地域福祉
11地域福祉と今日の社会課題②~災害と地域福祉
12地域福祉と今日の社会課題③~まちづくりと地域福祉
13まとめ
14まとめ
15まとめ
その他
参考書 社会福祉学習双書編集委員会 『地域福祉論 地域福祉の理論と方法 (社会福祉学習双書2016)』 全国社会福祉協議会 2016年
牧里毎治・杉岡直人・森本佳樹 『ビギナーズ 地域福祉』 有斐閣 2013年
岡村重夫 『地域福祉論』 光生館 2009年
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、平常点(10%)、レポート(20%)、授業参画度(10%)
・欠席回数に応じ、平常点及び授業参画度を減点する(詳細は授業で説明)
・提出すべきレポートを提出しない場合、試験で所定の点数に到達しなかった場合は、成績評価の対象としない
・追試等を行う(詳細は授業で説明)
オフィスアワー 月曜日 12:15-12:45
火曜日 12:15-12:45

このページのトップ