文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 社会福祉学科 > 地域福祉論2
日本大学ロゴ

地域福祉論2

このページを印刷する

平成28年度以前入学者 地域福祉論2
教員名 諏訪 徹
単位数    2 学年 2~4 開講区分 文理学部
科目群 社会福祉学科
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 地域福祉の広げ方、地域福祉らしい問題解決へのアプローチを学ぶ
授業のねらい・到達目標 本科目では、ボランタリーな福祉活動が生成・発展するプロセスとその支援・推進の考え方を学ぶとともに、制度的な福祉とボランタリーな福祉との協働による問題解決のアプローチの視点や仕組みづくりの考え方を学ぶ。地域福祉らしい問題解決への発想力やアプローチを身につけてほしい。
授業の方法 ・資料は「Blackboard Learn」により配布する。各自プリントアウトして授業に臨むこと。詳細は初回授業で説明。
・毎回の学習内容の習得のため、確認テストを行う(事前・事後学修課題)。
・授業中提示した参考文献等の学習を奨励する。
・私語はしないこと。スマートフォンはしまうこと。注意しても繰り返す場合は退出を命じる。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・確認テストを活用し、毎回、事前・事後学修を行うこと。
授業計画
1イントロダクション~地域の圏域構造と多様な推進アクター
2地域福祉の推進主体とその特性①~地縁型の主体
3地域福祉の推進主体とその特性②~テーマ型の主体
4地域福祉の推進主体とその特性③~社会的な組織
5ボランタリーな福祉活動の生成過程とその支援
6住民活動の支援とコミュニティワーク
7地域のニーズ・資源把握と地域アセスメント
8地域福祉の推進と協働・ネットワーキング
9中間支援機能と社会福祉協議会
10総合的な問題解決の仕組みとコミュニティソーシャルワーク
11地域福祉計画と地域福祉活動計画
12地域福祉推進における行政の役割
13まとめ
14まとめ
15まとめ
その他
教科書 社会福祉学習双書編集委員会 『地域福祉論 地域福祉の理論と方法 (社会福祉学習双書2016)』 全国社会福祉協議会 2016年
牧里毎治・杉岡直人・森本佳樹 『ビギナーズ 地域福祉』 有斐閣 2013年
平野隆之 『地域福祉推進の理論と方法』 有斐閣 2008年
ビル・リー 『地域が変わる社会が変わる 実践コミュニティワーク』 学文社 2005年
岩間伸之、原田正樹 『地域福祉援助をつかむ』 有斐閣 2012年
成績評価の方法及び基準 試験(60%)、平常点(10%)、レポート(20%)、授業参画度(10%)
・欠席回数に応じ、平常点及び授業参画度を減点する(詳細は授業で説明)
・提出すべきレポートを提出しない場合、試験で所定の点数に到達しなかった場合は、成績評価の対象としない
・追試等を行う(詳細は授業で説明)
オフィスアワー 月曜日 12:15-12:45
火曜日 12:15-12:45

このページのトップ