文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地球システム科学調査研究法1
日本大学ロゴ

地球システム科学調査研究法1

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 地球システム科学調査研究法1
教員名 山川 修治
単位数    2 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 必修
授業テーマ 気候気象システム科学調査研究のための基礎構築(1)
授業のねらい・到達目標 気候気象学研究に関する基礎的項目について総合的に取り扱う。関連する代表的な和文学術雑誌ならびに英文国際情報を各自の興味に合わせて調査・報告し,討論する。学会で研究・議論されている事柄の基礎を理解する。「気象予報士」資格取得のための技術習得を重点的に織り込む。後期に実施されるGeofestivalポスター展へ向けてテーマを検討し計画を立てる。夏休みに必須参加とする「野外実習」に関する基礎知識を身につける。
学科プログラムの学習・教育到達目標「(B)地球環境と技術者倫理」(1~15)、「(D)専門技術」(1~15)、「(E)デザイン能力」(1~15)、「(F)コミュニケーション能力」(1~15)、「(G)自己啓発と継続的学習」(1~15)、「(H)実行力」(1~15)、「(I)現場主義」(3,15)に寄与する。※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 講義とゼミ形式の輪読・室内実習を組み合わせて行う.
その他,関連して以下が行われる。
・データ解析・野外調査実習など
履修条件 地球システム科学科の地球システム科学調査研究法1・2履修要件を満たしていること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・前回に行なった内容のまとめを行なう。
・以下を付随する場合がある。
 報告会における発表・討論・そのための準備(野外調査、データ解析を含む)
授業計画
1研究室における研究活動方針について
(事前学修を内容に応じて行う)
2気象予報士講座①
Geofestivalポスター展準備① ―方針―(事前学修を内容に応じて行う)
3気象予報士講座②
野外実習について① -方針― (事前学修を内容に応じて行う)
4研究テーマ調査報告(1巡目)①(事前学修を内容に応じて行う)
5研究テーマ調査報告(1巡目)②(事前学修を内容に応じて行う)
6研究テーマ調査報告(1巡目)③(事前学修を内容に応じて行う)
7研究テーマ調査報告(1巡目)④(事前学修を内容に応じて行う)
8研究テーマ調査報告(1巡目)⑤(事前学修を内容に応じて行う)
9研究テーマ調査報告(2巡目)①(事前学修を内容に応じて行う)
10研究テーマ調査報告(2巡目)②(事前学修を内容に応じて行う)
11研究テーマ調査報告(2巡目)③(事前学修を内容に応じて行う)
12研究テーマ調査報告(2巡目)④(事前学修を内容に応じて行う)
13研究テーマ調査報告(2巡目)⑤(事前学修を内容に応じて行う)
14Geofestivalポスター展準備② ―具体的な内容の検討―
気象予報士講座③(事前学修を内容に応じて行う)
15野外実習について② —実践に向けて-(事前学修を内容に応じて行う)
その他
教科書 なし
参考書 必要に応じて授業中に紹介する。
成績評価の方法及び基準 レポート(60%)、発表・討議(40%)
総合的に判断し60点以上を合格とする。
<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
〔個別項目〕
1.研究室でできる研究分野・アプローチを理解できたか。(20点)
2.気象気候システムに関する文献を講読し,関連資料を収集することにより,基礎的知識を身に付け,グローバル視野で現象を理解することができたか。(20点)
3.気象予報士試験の合格を目指し,特徴的問題を検討し,洞察力・応用力を身につけられたか。(20点)
4.Geofestivalポスター展へ向けて,テーマを創案し,デザイン能力を理解し,計画を立てられたか。(20点)
5.野外調査・野外観測法について概要を習得し,その準備に参画できたか。(20点)
オフィスアワー 当該授業日の昼休みに研究室(8号館A-312室)にて、または、授業後随時対応する。

このページのトップ