文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地球計測学実習1
日本大学ロゴ

地球計測学実習1

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 地球計測学実習1
教員名 村瀬 雅之・森 済
単位数    1 学年    3 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球を測る ――実践技術の習得――
授業のねらい・到達目標 地球を測り「空間情報」を取得する技術は、現在多岐に渡っており取得情報の処理技術や利用技術もデジタル処理が一般化されている。基礎的な測量の方法、電子光学機器の取り扱い、データ処理等の具体的な計測技術に触れ、その実践技術を習得することがねらい。
学科プログラムの学習・教育到達目標「(D)専門技術」に寄与する。
授業の方法 1.実習授業はプリントを配布し、実際に機器を操作し実施する。
2.実習は、班構成で実施する。
3.計算処理は、関数電卓・Excel等を使用する。
(機材数が限られるため、また悪天候では実施できない実習内容もあるため、シラバスと実施回が変更になる場合がある。)
履修条件 「地球計測学」の履修が望ましい。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 実施する実習の内容について,参考書等を用いて,事前に測定手法や測定した数値の整理法について確認することがのぞましい。
日大キャンパス内の計測設定フィールド(図書館周辺)を使用し、野外で測量計測実習を実施する。
教室では、観測手法の解説(コンピュータ上での測量のシミュレーション)とデータ処理を実施する。
事前・事後学修として、授業内容のまとめや取得したデータの整理を行うこと。
授業計画
1実習課題の説明と,実習の進め方
2測量計測の基礎技術の説明 (事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
3トランシット・トータルステーションの使い方の説明(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
4トランシット・トータルステーションの取り扱い方の習得。
水準測量機材の使い方の説明。(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
5トータルステーションを使用したトラバース測量の計画・手順(コンピューター上でのシミュレーション)(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
6測角実習1(観測点1・2でのトランシット測定)(事前・事後学修として、取得したデータの整理を行う)
7測角実習2(観測点3・4・5でのトランシット測定)(事前・事後学修として、取得したデータの整理を行う)
8測角・測距1実習(観測点1・2でのトータルステーション測定)(事前・事後学修として、取得したデータの整理を行う)
9測角・測距実習2(観測点3・4・5でのトータルステーション測定)(事前・事後学修として、取得したデータの整理を行う)
10水準測量の手順(コンピューター上でのシミュレーション)
11直接水準測量(観測点1・2・3・4でのオートレベル測定)実習(実習事前・事後学修として、取得したデータのまとめを行う)
12GPSデータの解析
13データ処理1(測角、水準測量、トータルステーションのデータの取りまとめ)(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
14データ処理2(併合トラバース計算)(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
15データ処理3、実習成果物提出とまとめ(事前・事後学修として、授業内容のまとめを行う)
その他
教科書 教科書は使用せず,測量機器の使用方法・データ処理方法に関するプリントを配布する。
参考書 村井俊治 『空間情報工学(改訂版)』 (社)日本測量協会 2000年 第2版
細川吉晴他 『よくわかる測量実習』 コロナ社 1998年 第  初版
包国勝・他 『絵とき測量』 オーム社 2004年 第2版
参考書は授業には使用しない
自習用として、参考にすると良い
成績評価の方法及び基準 授業内に出す課題(100%)
<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
1.計測機器の取り扱いについて理解したか(2-14)
2.測角測量技術について理解したか (5-7)
3.測角/測距測量技術について理解したか(8-10) 
4.水準測量技術について理解したか(11-13) 
5.データ処理について理解したか(13-15)
上記評価基準によって100点満点で60点以上を達成している場合を合格とする。
国家試験資格「測量士補」が取得可能なため、それに見合う技術を習得する。
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-214室)にて対応する。
備考 操作実習による成果作成のため毎回出席し、自らが操作し取得したデータに基づく成果物を提出することが重要である。
機材数が限られており、また雨天時にはできない実習内容もあるため、シラバス記述の授業内容の順番を変更する場合がある。

このページのトップ