文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地球情報数理科学特論III
日本大学ロゴ

地球情報数理科学特論III

このページを印刷する

科目名 地球情報数理科学特論III
科目名 地球情報数理科学特論III
教員名 日笠 克己
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 経済学部校舎
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 集中 履修区分 選択
授業テーマ アクチュアリーについての概論と最近のアクチュアリーのトピック
授業のねらい・到達目標 アクチュアリーという専門職の内容を理解すると共に、アクチュアリーを巡る最近の動き・トピックを学ぶ。
授業の方法 集中講義
事前学修・事後学修,授業計画コメント [準備]事前に各回の資料を配布し、受講前に読んでおくこと。特に第9回以降はアクチュアリーの実務に関わる部分であり、事前の予習が大切になる。
[事後]受講生の理解を助けるために、毎回、質疑応答により理解度の確認を行う。
授業計画
1アクチュアリーとは何か
2アクチュアリーの役割と業務
準備:前回の講義の復習
3日本アクチュアリー会について
準備:前回の講義の復習
4日本アクチュアリー会の活動
準備:前回の講義の復習
5国際アクチュアリー会について
準備:前回の講義の復習
6国際アクチュアリー会の役割と活動
準備:前回の講義の復習
7アクチュアリーの教育について
準備:前回の講義の復習
8アクチュアリー教育の国際的な動き
準備:前回の講義の復習
9生命保険会社の決算について
準備:前回の講義の復習
10保険計理人制度について
準備:前回の講義の復習
11生命保険会社の保険計理人の実務基準について
準備:前回の講義の復習
12最近のトピック(1)- 保険の時価会計について
準備:前回の講義の復習
13最近のトピック(2)- IMF の FSAP について
準備:前回の講義の復習
14最近のトピック(3)- ERM の国際資格 CERA について
準備:前回の講義の復習
15最近のトピック(4)- その他
準備:前回の講義の復習
その他
成績評価の方法及び基準 平常点(20%)、レポート(50%)、授業参画度(30%)
オフィスアワー 授業内でE-mailアドレスを伝えるので、そちらに連絡して下さい。

このページのトップ