文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地球物質科学II
日本大学ロゴ

地球物質科学II

このページを印刷する

科目名 地球物質科学II
科目名 地球物質科学II
教員名 安井 真也
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 固体地球を構成する物質の理解
授業のねらい・到達目標 固体地球を構成する物質に関して基礎的知識の復習から始め、近年の研究成果の理解までを目標とする。
授業の方法 英文教材を題材にすすめる。岩石や鉱物を用いた簡単な実習を行う。
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回授業のまとめのレポート作成。
授業計画
1ガイダンス
2地球の内部構造1 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
3地球の内部構造2 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
4地球の内部構造3 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
5地球の内部構造4 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
6プレートと構成要素1 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
7プレートと構成要素2 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
8プレートと構成要素3 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
9岩石・鉱物の諸性質1 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
10岩石・鉱物の諸性質2 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
11岩石・鉱物の諸性質3 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
12固体物質サイクル1 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
13固体物質サイクル2 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
14総括1 (事前学習として前回の内容のレポートを作成する)
15総括2
その他
教科書 資料を配布する
参考書 必要に応じて授業中に指示する。
成績評価の方法及び基準 レポート(100%)
総合的に判断し、60点以上を合格とする。
オフィスアワー 授業後約10分程度、または別途指示する時間とし、不在時の連絡方法については、初回授業で案内する。(8号館2FA215)

このページのトップ