文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地球物理学特論I
日本大学ロゴ

地球物理学特論I

このページを印刷する

科目名 地球物理学特論I
科目名 地球物理学特論I
教員名 鵜川 元雄
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地球内部構造と地震の震源断層について
授業のねらい・到達目標 地球内部構造については、その不均質構造を地震学、地球電磁気学、地球熱学、測地学など様々な視点から学ぶ。地震の震源断層については、断層のモデル化や断層から放射される地震波の特性を学ぶ。また地球内部構造や地震とフラクタルやカオスとの関連を考察する。
授業の方法 講義とゼミ形式の発表を併用する
履修条件 なし
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回、学習した内容を復習すること。
授業計画
1地球内部構造や地震の基礎
2地球内部構造の基礎(前回、学習した内容を復習すること。)
3地球内部構造の基礎(前回、学習した内容を復習すること。)
4地球内部構造の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
5地球内部構造の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
6地球内部構造の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
7地球内部構造の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
8地球内部構造の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
9地震の基礎(前回、学習した内容を復習すること。)
10地震の基礎(前回、学習した内容を復習すること。)
11震源断層の物理について(前回、学習した内容を復習すること。)
12震源断層の物理について(前回、学習した内容を復習すること。)
13震源断層と地震波について(前回、学習した内容を復習すること。)
14地震波と地震災害について(前回、学習した内容を復習すること。)
15地球内部構造及び地震断層の不均質について(前回、学習した内容を復習すること。)
その他
教科書 なし
参考書 必要に応じて授業において紹介する。
成績評価の方法及び基準 平常点(50%)、授業内発表の内容(50%)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-214室)にて対応する。

このページのトップ