文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地質科学特論I
日本大学ロゴ

地質科学特論I

このページを印刷する

科目名 地質科学特論I
科目名 地質科学特論I
教員名 竹内 真司
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 前期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地圏環境に関わるエネルギーと環境問題
授業のねらい・到達目標 エネルギー利用とそれに伴う環境問題に関して理解し、対処方策を検討できる。
授業の方法 講義および論文等紹介に基づく討議。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。
授業計画
1地質環境とエネルギー問題
2放射性廃棄物の発生
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
3放射性廃棄物の処分概説
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
4地下水環境と地下水
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
5地下研究所
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
6岩体のバリア機能(堆積岩)
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
7岩体のバリア機能(結晶質岩)
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
8ナチュラルアナログ
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
9日本の地質環境の特徴
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
10安定な地域の存在(隆起・沈降/火山活動)
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
11安定な地域の存在(断層の評価/将来予測)
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
12システムとしてのバリア機能の追及
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
13放射性廃棄物問題と社会科学
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
14放射性廃棄物をどうするのか?
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
15地層処分の是非
(事前学習のため、前回に行った内容のまとめを行う。)
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(100%)
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(A-306室)にて対応する。

このページのトップ