文理学部シラバスTOP > 大学院博士前期課程 > 地球情報数理科学専攻 > 地質科学特論II
日本大学ロゴ

地質科学特論II

このページを印刷する

科目名 地質科学特論II
科目名 地質科学特論II
教員名 竹村 貴人
単位数    2 課程 前期課程 開講区分 文理学部
科目群 地球情報数理科学専攻
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 地質科学に関する内容をより一般的な視点から捉え,地震発生・エネルギー資源の問題を力学的な視点から扱う.
授業のねらい・到達目標 地質科学に関する内容をより一般的な視点から捉える
授業の方法 講義・演習による.印刷物資料を用いる.
事前学修・事後学修,授業計画コメント 事前学習として次回の内容をまとめる,予習をする.
授業計画
1地質現象の定量的取り扱い:地球科学的な視点
(事前学習として次回の内容をまとめる)
2地質現象の定量的取り扱い:エネルギー資源(メタンハイドレート,石油)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
3地質現象の定量的取り扱い:沈み込み帯と地震発生
(事前学習として次回の内容をまとめる)
4地質現象の定量的取り扱い:沈み込み帯と地震発生機構
(事前学習として次回の内容をまとめる)
5地質現象の定量的取り扱い:堆積物の圧密現象
(事前学習として次回の内容をまとめる)
6地質現象の定量的取り扱い:堆積物の圧密理論(圧密試験)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
7地質現象の定量的取り扱い:堆積物の圧密理論(理論解:拡散方程式)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
8地質現象の定量的取り扱い:堆積物の圧密理論(理論解:差分法)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
9地質現象の定量的取り扱い:堆積物の圧密理論(理論解:テンソル量)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
10地質現象の定量的取り扱い:堆積物と岩石の破壊機構
(事前学習として次回の内容をまとめる)
11地質現象の定量的取り扱い:堆積物と岩石の破壊機構(弾性論)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
12地質現象の定量的取り扱い:堆積物と岩石の破壊機構(弾性論)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
13地質現象の定量的取り扱い:堆積物と岩石の破壊機構(最新の岩石破壊理論)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
14地質現象の定量的取り扱い:堆積物と岩石の破壊機構(最新の岩石破壊理論)
(事前学習として次回の内容をまとめる)
15まとめ1
その他
教科書 なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(50%)、授業参画度(50%)
オフィスアワー 9307 授業終了時

このページのトップ