文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 地球科学科(地球システム科学科) > 地質工学2
日本大学ロゴ

地質工学2

このページを印刷する

平成27年度以前入学者 地質工学2
教員名 竹村 貴人
単位数    2 学年 3・4 開講区分 文理学部
科目群 地球科学科(地球システム科学科)
学期 後期 履修区分 選択必修
授業テーマ 資源エネルギーの評価および人間生活を営む上で基礎となる地盤の力学・地下水理学および都市防災・自然災害対策における地盤工学の役割を土質力学を中心に理解する。また、地球システム(地圏・水圏・気圏)の基本的な枠組みの理解し、それらの相互関係の重要性を認識しうる能力を養う。
授業のねらい・到達目標 学科プログラムの学習・教育到達目標「(B)地球環境と技術者倫理」(1,6,14)、「(D)専門技術」(2-5,7-13,15)に寄与する。※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
授業の方法 講義形式.
履修条件 地質工学1を履修していることが望ましい
事前学修・事後学修,授業計画コメント 前回以降に行った内容のまとめを行うこと.また,授業中のノートは復習ができるように工夫してまとめ,授業中で解いた問題を必ず復習すること.
授業計画
1自然災害・資源開発における地盤力学の役割
2応力の概念
3歪みの概念
4有効応力の原理1
5モールの応力円(断層が動くための条件)岩石と土の破壊現象
6モールの応力円(断層と摩擦の問題)岩石と土の破壊現象
7演習授業内テストおよび解説
8岩石と土の破壊試験法(一軸状態)
9岩石と土の破壊試験法(三軸状態)
10岩石と土の破壊試験法(排水条件)
11岩石と土の滑り(摩擦)
12断層運動のメカニズム
13海底地滑りのメカニズム
14陸上地滑りのメカニズム
15授業内テストおよび解説
その他
教科書 足立格一郎 『テキストシリーズ土木工学 11 土質力学』 共立出版 2002年
なし
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 レポート(20%)、授業内テスト(80%)
自然災害の予知・予測問題に対する技術的な課題について理解しているかを試験(中間・期末試験)およびレポートで評価する。中間・期末試験(80%) 、 レポート20%
中間試験・期末試験は授業中に配布するプリント,教科書および事前学習内容から出題し、レポートと合わせて60%以上を合格とする。



<達成度評価基準>※括弧内の数字は授業計画内の講義番号

自然災害の予知・予測問題や資源エネルギーに対する技術的な課題について理解しているか(1-15)

※括弧内の数字は授業計画内の講義番号
オフィスアワー 原則として、当該授業日の昼休みに研究室(9号館9307室)にて対応する.
備考 地質工学1を履修していることが望ましい.
ホームページ(地質工学研究室)に演習問題の解き方などが掲載されているので、授業後の復習に役立ててください。授業は,板書を中心に説明を行うので,各自講義ノートを充実させ、復習をすること.

このページのトップ