文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語10
日本大学ロゴ

中国語10

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 中国語10
平成27年度以前入学者 中国語10
教員名 平井 和之
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 外国語科目
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 中国語文法・作文
授業のねらい・到達目標 日本語の単文を中国語に訳す作業を通じて中国語文法を掌握する。
授業の方法 プリント教材の例文を用いて文法事項を説明し,各自が解いた練習問題を黒板で添削する。各課毎に小テストを行う。
また,音声教材に基づくリスニング小テストを毎回行うので,各自前もって聴き取っておくこと。
進度に応じて読解練習を行う場合がある。
履修条件 「中国語1~8」から6単位以上修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント ・新しい課の例文の発音を調べておくこと。
・練習問題は必ず全て独力でやること。単語及び文法事項は全て既習のものである。
・一つの課が終ったら例文及び練習問題を全て日本語→中国語に訳せるようにしておく(発音も含む)。
授業計画
1方向補語の派生用法(1-1)
2方向補語の派生用法(1-2)
3方向補語の派生用法(2-1)
4方向補語の派生用法(2-2)
5慣用的な可能補語(1)
6慣用的な可能補語(2)
7“着”を用いる連動文
8その時点までの達成量
9形容詞の重ね型,動詞の修飾語
10主語の前の前置詞句
11複文(1)
12複文(2)
13目的の表し方
14因果関係の表し方
15まとめ
その他
教科書 なし(プリント・音声教材を配布)
参考書 なし
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(100%)
毎回実施する小テストの合計点により成績を評価する。
オフィスアワー 月曜日4時限目

このページのトップ