文理学部シラバスTOP > 文理学部 > 中国語 > 中国語10
日本大学ロゴ

中国語10

このページを印刷する

平成28年度以降入学者 中国語10
平成27年度以前入学者 中国語10
教員名 池上 貞子
単位数    1 学年    2 開講区分 文理学部
科目群 外国語科目
学期 後期 履修区分 必修
授業テーマ 多様な中国語文を読む
授業のねらい・到達目標 これまで習得した中国語読解力をさらに発展させ、様々な種類の文章に挑戦して、応用力の向上を目指す。具体的には、日記、手紙、解説文、小説、童話、笑い話、時事問題などの、全文あるいは一部を取り上げ、ピンインの付してない中国語の文章を、自分で読みこなせるようになることを目指す。場合によっては教科書レベルの文章と、作家の文章などを比較して、総合的な中国語能力の強化を図る。
授業の方法 課題文を各自、発音できるよう下調べをして、クラスの中で発音矯正を行ったり、解読を行う。
履修条件 中国語1~8のうち6単位以上、修得していること。
事前学修・事後学修,授業計画コメント 必ず単語調べをやってから授業に臨むこと。授業計画は一応の目安なので、変更することもあり得る。
授業計画
1ガイダンス 復習と習熟度チェック
2日記文(1)
3日記文(2)
4手紙文(1)
5手紙文(2)
6解説文(1)
7解説文(2)
8小説(1)
9小説(2)
10童話(1)
11童話(2)
12笑い話(1)
13笑い話(2)
14時事問題
15総括
その他
教科書 プリント配布。
参考書 必要に応じて授業の中で提示する。
成績評価の方法及び基準 授業内テスト(70%)、授業参画度(30%)
授業参画度は課題提出も含む。
オフィスアワー 授業の前後とする。

このページのトップ